2016年のオオセミタケ事情2

2016/4/14

例年桜の季節にはオオセミタケが最盛期を迎える。京都市の某所はオオセミタケの大発生地なので、毎年何回も発生状況を調べている。今年も既に何度か訪れてこのブログでも報告しているが、桜の花も一段落して人出も落ち着いたようなので、最終的な発生状況を見るために彼の地に行ってきた。
3月22日に47体みつかったことは既に書いた。その後4月6日にも調べたが、この時は58体だった。数だけ見れば順調に増えているようだが、22日には確かに生えていたはずの場所で見つからなかったものがかなりあり、相当数が掘り採られているように思われた。
そして14日、この一週間で花見客が相当訪れたのだろう。オオセミタケも踏み潰されたり折れたりしているものがかなり目立ったが、6日には確かに生えていたはずの場所で残骸も残さず消えているものがかなりあった。結局この日みつかったのは52体で、そのうち多くは前回にはなかった場所でみつかっており、かなりの数が掘り採られてかなりの数が新しく出てきたという感じだ。
この場所のように多くの人に知られてしまっている場所では正確な発生数を知るのは無理なのだろう。

ところでこの場所のオオセミタケは頭部の色が濃いものが多いのだが、今回新しく見つけた中に非常に色が薄いものがあった。いわゆるウスイロオオセミタケというやつだろう。
このウスイロと比較の為に黒っぽいものとを一体づつ持ち帰ることにした。
掘ってみるとウスイロの方はやたらに柄(根というべきか?)が長く、掘っても掘ってもなかなか宿主が出てこない。しかも木の根が縦横に入り組んでいて石も埋まっているという具合で、かなり大変だった。これに対して黒っぽい方は予想外に浅く、1分もかからずに掘り出せた。
osem160414c.jpg

osem160414i.jpg

osem160414a.jpg

osem160414b.jpg
Ophiocordyceps heteropoda
Host:Nymph of cicada Place:Kyoto. 14 Apr. 2016.


先にも書いたように踏み潰されているものがかなり多かった。また頭部が喰いちぎられたように無くなっているものも幾つか見られた。
踏み潰されたのは花見客によるものだとしても、頭部だけ無くなっているのはどういうことだろう。
辺りには相変わらず鹿の糞が多かったが、まさか鹿に食べられたのだろうか?
osem160414g.jpg

osem160414h.jpg
Ophiocordyceps heteropoda
Host:Nymph of cicada Place:Kyoto. 14 Apr. 2016.


持ち帰ったオオセミタケ。この日採集した2体と共に8日に採集した1体の画像も載せておく。ウスイロは今までに採集したオオセミタケの中で最も長いかもしれない。8日のものは14日の2体に比べてかなり小さいが、宿主も違う。8日のは山地生で宿主はヒグラシ、14日のは平地生で宿主はアブラゼミ。
osem160414d.jpg

osem160414e.jpg

osem160408j.jpg
Ophiocordyceps heteropoda
Host:Nymph of cicada Place:Kyoto. 14, 8 Apr. 2016.

  1. 2016/04/21(木) 10:54:58|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0