スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ランノウアカツブタケ

2015/10/27~

渓流沿いのツバキなどの葉裏の黄色い繭状のものに付く赤ツブのトルビエラは以前から時々見つけているが、今年はやけによく見つかる。
他の種類がなかなか見つからないので、この種を集中的に探したせいだろうか?
10月27日にK川に行った時にもいくつか見つかり、3体を持ち帰った。
rannou151027a.jpg

ran151027d.jpg

rannou151027b.jpg

rannou151027c.jpg
Torrubiella sp.
Host:Egg sac of spider. Place:Nagaokakyo. 27 Oct. 2015.


ところでこの黄色い繭状のものは、クモの卵嚢か蛾の繭か、ずっと正体が分からないままだった。
そこで今回、インターネットのSNSに写真をアップして、知っている人がいないか問い合わせてみることにした。

いろいろなご意見をいただいたが、その中にY田さんからのギンメッキゴミグモかその近縁種の卵嚢ではないかというご指摘があった。
さっそく”ゴミグモ 卵嚢”で画像検索してみると、まさにこれ、という画像がいくつも出てきた。

確認の為に卵嚢の繊維状の皮を破ってみたが、中は空っぽ。以前にも何度か卵嚢を破って調べたことはあるのだが、いつも空っぽだった。
それでも小さなゴミのような物がいくつかあったので、ピンセットで取り出して検鏡してみると、透明な虫の脚のような形をしたものがいくつも見つかった。
どうやらクモの脱皮殻のようだ。
kumodappi2.jpg


一応、子嚢殻や子嚢を撮影したので、載せておく。

子嚢殻は橙色から朱色で180~220×90~120μm。卵嚢の外皮を形成する繊維に直接付いており、子座の様なものは見えない。
rannou151027peri2.jpg

ranperi151027b.jpg

ranperi151027a.jpg
perithecia of Torrubiella sp.

子嚢
ransinou151027b.jpg
asci of Torrubiella sp.

子嚢胞子は今回はうまく撮影できなかったので、以前のものを再録しておく。
humei70730e2.jpg
ascospores of Torrubiella sp.

結局のところ、ギンメッキゴミグモやその近縁種の子グモが孵化して出た後の空の卵嚢の、外皮を形成する繊維に付く種ということになりそうだ。
スポンサーサイト
  1. 2015/11/04(水) 16:04:47|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2015年10月まとめ

2015/10/05, 07, 27

10月に入って仕事の方が忙しくなり、探索に出かけることが少なくなった。K川の通行止めも解除されないままなので、5日は久しぶりに宇治市に出かけた。例年だとイモムシタケが出る時期だが、以前出た場所でも一つも見つからない。
川沿いの木の葉をめくってみると、白い菌糸に覆われたクモがいくつか見つかった。未熟なトルビエラの仲間だろう。コブのようなふくらみがいくつもあるのはクモノエツキツブタケか。もう一つはわからない。
kumo151005b.jpg

kumo151005a.jpg
Torrubiella sp.
Host: Spider. Place:Uji. 05 Oct. 2015.


この日はほとんど収穫もなく、早めに引き上げた。

7日は知人の展覧会を観に京都市内に出たついでに、東山の坪を覗いてみた。ここも以前は朽木生の虫草がたくさん出ていたところだが、ここ数年はブナ枯れのせいでさっぱりだ。
最初に調べた倒木に白っぽい茎のようなものが見えたので、掘ってみるとやはり虫草だった。どうやら未熟なクチキムシツブタケのようだ。近くにもう一体。これらは持ち帰った。宿主はキマワリの幼虫。
kutiki151007a.jpg

kutiki151007b.jpg

kutiki151007c.jpg

kutiki151007d.jpg
Polycephalomyces cuboideus
Host:larva of  Coleoptera. Place:Kyoto. 07 Oct. 2015


さらに周囲の倒木を調べるとキマワリアラゲツトノミタケが見つかった。少し離れたところにもう一体。時期が少し遅いのか、やや萎びた感じだ。これらも持ち帰る。
“kima151007a.jpg"

“kima151007b.jpg"

“kima151007c.jpg"

“kima151007d.jpg"
Ophiocordyceps sp.
Host:larva of  Coleoptera. Place:Kyoto. 07 Oct. 2015


結局、収穫があったのは最初だけで、一抱えもあるような見事な大木が何本もブナ枯れで倒れていたり、カエンタケが何本も出ていたりでやはりさっぱりだった。

27日は一ヶ月ぶりにK川に行ったが、地面が乾いていて期待できそうもなかったので、主に葉裏を調べた。

まずギベルラ・プルクラが一体みつかった。
G_p151027.jpg
Gibellula pulchra
Host: Spider. Place:Nagaokakyo. 27 Oct. 2015.


今回もツバキの葉裏の黄色い繭状のものに付く赤ツブのトルビエラがいくつか見つかった。この種については回を改めて書く。
  1. 2015/11/02(月) 21:08:14|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0