スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

2015年9月後半まとめ

2015/09/23, 28

この9月は雨が多く、あまり探索に出かけられなかった。K川も台風などによる大雨で通行止めになったり河岸が削られてしまったりで、はじめから探す気を削がれる状態。
23日も倒木で塞がれた道を苦労して進んだが、ほとんど収穫はなかった。毎年イモムシタケが出る場所にも行ってみたが見つからなかった。

途中、道沿いの木の葉をめくりながら進んだが、ツバキの葉裏に黄色い繭状のものを見つけてルーペで見ると、小さな赤いツブが二つ付いていた。この辺りで何度か見かけたトルビエラの仲間だろう。
この黄色い繭状のものは未だに正体がわからないが、おそらくクモの卵嚢だろう。
fumei150923.jpg
Torrubiella sp.
Host: egg sac of spider. Place:Nagaokakyo. 23 Sep. 2015.


その他にはアカンソミセス・アラネアルムが一体、川岸の岩に張り付いているのが見つかった。
Ak_a150923a.jpg

Ak_a150928.jpg
Akanthomyces aranearum
Host: Spider. Place:Nagaokakyo. 23 Sep. 2015.



28日は京都市内に知り合いの個展を観に行ったついでに、いつもの公園を覗いてみた。目的のセミノハリセンボンは一体も見つからなかったが、林内の朽木の周りの落ち葉をめくってみるとミヤマタンポタケが見つかった。範囲を拡げて調べてみたが、結局3体しか見つからなかった。一体採集。
“miyatan150928c.jpg"

“miyatan150928d.jpg"

“miyatan150928a.jpg"

“miyatan150928b.jpg"
Tolypocladium intermedium f. michinokuense
Host:Elaphomyces sp. Place:Kyoto. 23 Sep. 2015.

スポンサーサイト
  1. 2015/09/30(水) 08:53:28|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今年も東京都内の虫草

2015/09/06

今年も東京でミニアチュール展があったので、初日の5日は朝から作品を持って上京。昼過ぎからちょっと抜け出してS区の公園を調べたが全く収穫は無し。夕方のオープニングパーティーの後、友人宅に泊めてもらう。
翌6日は雨の予報だったが、曇って湿度が高いものの雨は降っていないので朝から虫草探し。昨年と同じくS区某所へ。ここは昨年ツクツクホウシタケがたくさん出ていた場所だが、今年もすぐに何本か見つかった。日曜ということでやはり人が多いが、関西と違って何を撮っているのかなどと訊く人がいないのは助かる。結局みつかったのは4、5体だけだったが、形の良さそうなものを一体だけ採取した。やはり宿主が非常に小さい。
tuku150906a.jpg

tuku150906b.jpg

tuku150906c.jpg

tuku150906d.jpg

tuku150906e.jpg
Isaria cicadae
Host: nymph of cicada. Place:Tokyo. 06 Sep. 2015


その他にはセミノハリセンボンが一体だけ見つかり、これも持ち帰った。宿主はミンミンゼミのようだ。
semihari150906.jpg
Purpureocillium takamizusanense
Host: adult of cicada. Place:Tokyo. 06 Sep. 2015

  1. 2015/09/07(月) 19:14:09|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0