シロタマゴクチキムシタケ

2015/08/18

静岡の茶のかほりさんことK坂さんから宅配便が届いた。中身はタッパーが一つ。開けてみるときれいな苔に埋まった朽木のカケラがいくつか。よく見ると白い小さな虫草がいくつも付いている。
宿主はよくわからないが卵塊のようで、すぐにピンと来た。シロタマゴクチキムシタケだ。
この種は不明の節足動物の卵塊から発生するもので、以前から一度見たいと思っていたものだ。

さっそく撮影に取り掛かったが、色が白いので非常に撮りにくい。
“sirotama150818h.jpg"

“sirotama150818b.jpg"

“sirotama150818g.jpg"
Metarhizium sp.
Host:Egg mass of unknown arthropod. Place:Shizuoka pref. 18 Aug. 2015


さらに朽木から外して撮影。
“sirotama150818c.jpg"

“sirotama150818d.jpg"

“sirotama150818e.jpg"

“sirotama150818f.jpg"

“sirotama150818a.jpg"
Metarhizium sp.
Host:Egg mass of unknown arthropod. Place:Shizuoka pref. 18 Aug. 2015


顕微鏡でも視てみたが、これまた見にくい。

子嚢殻
“sirotamasinoukaku.jpg"
perithecia of Metarhizium sp.

子嚢
“srotamasinou.jpg"
asci of Metarhizium sp.

子嚢胞子 
“sirotamahousi.jpg"
ascospores of Metarhizium sp.

尚、シロタマゴクチキムシタケの宿主は一説にはヤスデの卵塊とされている。今回の標本の中にも一匹のヤスデが紛れ込んでいたが、これが宿主の親かどうかはわからない。
“yasude.jpg"

  1. 2015/08/21(金) 13:56:58|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0