2015虫草祭in広島2

2015/07/31~08/02

8月1日は探索の後、総会、宴会と続き、翌8月2日は総勢74人でもみのき森林公園を探索。整備された広い公園だが、その名の通りもみの大木がみごとだ。
ここでの目標はハトジムシハリタケだ。宿主はヒゲナガガの仲間の幼虫で、葉を綴り合わせたケースを作り、その中に潜む。
Aさんの案内で全員匍匐前進で目を地面に近ずけるようにして探す。長さ数センチの糸のようなものだから、たくさん出ていてもなかなか見つからない。
最初は教えられた場所で探していたが、あまりに大人数なので落ち着いて探せない。いくつか見つけたところで場所を変えて、一人で探すことにした。
“hatoji150802a.jpg"

“hatoji150802b.jpg"

“hatoji150802c.jpg"
Ophiocordyceps sp.
Host:larva of Lepidoptera. Place:Hatsukaichi. 02 Aug. 2015


持ち帰ったハトジムシハリタケ。
“hatoji150802d.jpg"

“hatoji150802f.jpg"

“hatoji150802g.jpg"
Ophiocordyceps sp.
Host:larva of Lepidoptera. Place:Hatsukaichi. 02 Aug. 2015


宿主
“hatojimusi.jpg"
Host of Ophiocordyceps sp.

子嚢殻
“hatojisinoukaku.jpg"
perithecia of Ophiocordyceps sp.

子嚢
“hatojisinoux1.jpg"
asci of Ophiocordyceps sp.

子嚢胞子 上は水、下はメルツァー試薬を使用。
“hatojihousix1.jpg"
ascospores of Ophiocordyceps sp.

場所を変えてハトジムシハリタケを探している時、林床から白っぽい細い糸のようなものが数本出ているのが見えた。虫草とは思えなかったが、なんとなく掘り出してみると黒い塊が付いている。植物の実のようにも見える。4、5本採集したところで集合時間になってしまい、宿主を確認する余裕もなく引き上げた。
“fumei150802a.jpg"

“fumei150802b.jpg"
Unknown species.
Host:Plant fruits? Place:Hatsukaichi. 02 Aug. 2015


持ち帰ってから検鏡してみると、どうやらアナモルフ菌のようで、頭部を含む全体に分生子形成細胞が密生している。
“fumei150802c.jpg"

分生子形成細胞は不規則な棍棒形。
“fumei150802d.jpg"

分生子?は不規則な形。
“fumei150802e.jpg"
  1. 2015/08/11(火) 13:32:24|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0