今年はクモタケが早い

2015/06/08

午後から雨の予報だったので、少し早めにK川に出かけた。いつものダム湖上流の場所を調べる。大物は見つからなかったが、朽木生のものがいくつか出ていた。まず甲虫生の未熟不明種がいくつか。オイラセクチキムシタケのようにも見えるが、この季節だとクチキムシツブタケの可能性もある。採集せず様子を見ることにする。
“kutiki150608a.jpg"

“kutiki150608b.jpg"
Ophiocordyceps or Polycephalomyces sp.
Host:  larva of Coleoptera. Place:Nagaokakyo. 08 Jun. 2015


その側にあったのはマユダマタケ、重複寄生のようだが、もとはヒメクチキタンポタケか?
“mayu150608.jpg"
Polycephalomyces sp.
Host:  larva of Coleoptera. Place:Nagaokakyo. 08 Jun. 2015


ヒメクチキタンポタケは周りを探すといくつも見つかった。全部で8体。
“hiku150608a.jpg"

“hiku150608b.jpg"

“hiku150608c.jpg"

“hiku150608d.jpg"
Cordyceps annullata
Host:  larva of Coleoptera. Place:Nagaokakyo. 08 Jun. 2015


サナギタケは最初の発見から一ヶ月半もたつのに、まだまだたくさん出ている。あとはボーベリアとハナサナギタケぐらい。

一旦帰ってから昼食に出たついでに近所の寺を覗いてみると、早くもクモタケが出ていた。2体だけでまだ出始めのようだ。例年6月20日過ぎぐらいに見つかるが、今年は10日以上も早い。雨の降り具合が良かったのだろうか?
“kumo150608a.jpg"

“kumo150608b.jpg"
Nomuraea atypicola
Host: spider. Place:Nagaokakyo. 08 Jun. 2015

  1. 2015/06/08(月) 23:22:54|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0