スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

いろいろ出てはきたけれど

2015/06/12~22

前回、今年はクモタケが早いと書いたが、その後発生が完全に止まってしまった。最初に出た寺にもその他の寺社にも何度も行ってみたが、一体も出てこない。どうやら最初の2体はフライング気味だったようだ。3体目以降を見たのは22日になってからで、あちらこちらで多数見かけた。結局例年と変わらなかったようだ。

さて、梅雨入りしてからの雨の降り具合だが、一応順調のようで、数日ごとにまとまった雨が降ってくれる。この時季には短期間で次々にいろいろな種類が出てくるので、同じ場所でも頻繁に調べなければならない。

6月12日はK川の前回と同じ場所を調べた。

まず見つかったのが未熟なハチタケ。今年初めてだ。
“hati150612.jpg"
Ophiocordyceps sphecocephala
Host: wasp. Place:Nagaokakyo. 12 Jun. 2015


続いてマユダマタケ2体。何かの虫草への重複寄生と思われる。
“mayu150612a.jpg"
Polycephalomyces sp.
Host:  larva of Coleoptera. Place:Nagaokakyo. 12 Jun. 2015


ヒメクチキタンポタケは前回見つけたもの以外に新たに5、6体みつかった。2体だけ持ち帰る。
“hiku150612a.jpg"

“hiku150612b.jpg"
Cordyceps annullata
Host:  larva of Coleoptera. Place:Nagaokakyo. 12 Jun. 2015


6月17日は猪名川町に遠征した。

タイワンアリタケは相変わらずたくさん出ているが、写真はほとんど撮らなかった。熟度もばらばらだ。
“ari150617.jpg"
Ophiocordyceps unilateralis
Host: ant. Place:Inagawa. 17 Jun. 2015


クモ生虫草が出始めている。まずアカンソミセス・ノヴォギネエンシス
“A_n150617.jpg"
Akanthomyces novoguineensis
Host: spider. Place:Inagawa. 17 Jun. 2015


次に見つかったのはギベルラタケの仲間。おそらくギベルラ・プルクラ、やや未熟のようだ。
“gibe150617.jpg"
Gibellula pulchra
Host: spider. Place:Inagawa. 17 Jun. 2015


他にはツブノセミタケ。子嚢殻ができ始めている。
“tubusemi150617.jpg"
Polycephalomyces prolificus
Host: larva of Coleoptera. Place:Inagawa. 17 Jun. 2015


お馴染みのヒメクチキタンポタケは2体だけ見つかった。
“hiku150617.jpg"
Cordyceps annullata
Host: larva of Coleoptera. Place:Inagawa. 17 Jun. 2015


それにシロサンゴタケぐらい。特に目新しいものは見つからなかった。
“P_f150617.jpg"
Polycephalomyces formosus
Host: larva of Coleoptera. Place:Inagawa. 17 Jun. 2015


6月22日は先に書いたようにクモタケがたくさん出ていたが、それよりもセミタケが出ていたのが大きい。周りの寺社でどんどん出なくなっていく中で、ここだけは毎年発生してくれている。
“semi150622.jpg"
Ophiocordyceps sobolifera
Host: nymph of cicada. Place:Nagaokakyo. 22 Jun. 2015


いろいろ出てきてはいるが、普通種ばかりでこれといった種類は出ていない。
スポンサーサイト
  1. 2015/06/23(火) 00:42:02|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今年はクモタケが早い

2015/06/08

午後から雨の予報だったので、少し早めにK川に出かけた。いつものダム湖上流の場所を調べる。大物は見つからなかったが、朽木生のものがいくつか出ていた。まず甲虫生の未熟不明種がいくつか。オイラセクチキムシタケのようにも見えるが、この季節だとクチキムシツブタケの可能性もある。採集せず様子を見ることにする。
“kutiki150608a.jpg"

“kutiki150608b.jpg"
Ophiocordyceps or Polycephalomyces sp.
Host:  larva of Coleoptera. Place:Nagaokakyo. 08 Jun. 2015


その側にあったのはマユダマタケ、重複寄生のようだが、もとはヒメクチキタンポタケか?
“mayu150608.jpg"
Polycephalomyces sp.
Host:  larva of Coleoptera. Place:Nagaokakyo. 08 Jun. 2015


ヒメクチキタンポタケは周りを探すといくつも見つかった。全部で8体。
“hiku150608a.jpg"

“hiku150608b.jpg"

“hiku150608c.jpg"

“hiku150608d.jpg"
Cordyceps annullata
Host:  larva of Coleoptera. Place:Nagaokakyo. 08 Jun. 2015


サナギタケは最初の発見から一ヶ月半もたつのに、まだまだたくさん出ている。あとはボーベリアとハナサナギタケぐらい。

一旦帰ってから昼食に出たついでに近所の寺を覗いてみると、早くもクモタケが出ていた。2体だけでまだ出始めのようだ。例年6月20日過ぎぐらいに見つかるが、今年は10日以上も早い。雨の降り具合が良かったのだろうか?
“kumo150608a.jpg"

“kumo150608b.jpg"
Nomuraea atypicola
Host: spider. Place:Nagaokakyo. 08 Jun. 2015

  1. 2015/06/08(月) 23:22:54|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0