5月中旬までまとめ、2015

2015/04/27~05/20

K川流域のサナギタケ大発生はかなりの規模で、その後何度か場所を変えて調べたが、どの場所でもたくさん見られた。確認しただけで500以上あったと思うが、綿密に調べたらその倍はあっただろう。一昨年まで出ていたクサナギヒメタンポタケやサキブトタマヤドリタケは今年も見られない。サナギタケだけが出まくっているという感じだ。そんな中でコゴメクモタケが一体みつかった。古いもののようだったので、採集はせず。
kogome150427.jpg
Torrubiella plana
Host: spider. Place:Nagaokakyo. 27 Apr. 2015


5月6日はK寺裏の林を調べてみたが、いつもの坪で未熟なツブノセミタケが3体みつかっただけで、こちらにはサナギタケさえ出ていない。それ程離れた場所でもないのに、不思議なものだ。
tubusemi150506a.jpg

tubusemi150506b.jpg
Polycephalomyces prolificus
Host: nymph of cicada. Place:Nagaokakyo. 06 May. 2015


翌7日はまたK川に行ってみたが、あれほど隆盛を極めたサナギタケがほとんど目に付かない。よく調べると、数が減っているわけではなく、古くなって色褪せているので目立たないだけのようだ。相変わらず他の種類は見つからない。
sana150507.jpg
Cordyceps militaris
Host:  larva of Lepidoptera. Place:Nagaokakyo. 07 May. 2015


5月20日は自転車で京都市のS川まで出かけた。ここは山全体にタイワンアリタケが見られる場所だ。今回も低い幼木の葉をめくってみるといくつも見つかったが、結実しているものは一つもない。数も少し減っているような気がする。
ari150520a.jpg

ari150520b.jpg
Ophiocordyceps unilateralis
Host: ant. Place:Kyoto. 20 May. 2015


杉林の中の山道を歩いていてふと振り返ると、折れたオオセミタケが目に入った。どうやら今私が踏んでしまったものらしい。周りを調べると杉の落ち葉の間にいくつも見つかった。古くなって萎んでいるものが多いが、計16体。どうやら新しいオオセミタケの坪を見つけたようだ。同じような杉林の坪は今までにもいくつか見つけているが、ここは一番家に近い。
oosemi150520a.jpg

oosemi150520b.jpg

oosemi150520c.jpg

oosemi150520d.jpg
Ophiocordyceps heteropoda
Host: nymph of cicada. Place:Kyoto. 20 May. 2015

  1. 2015/05/22(金) 08:47:03|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0