スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

2014年9月のまとめ

2014/09/02〜18

今年は9月前半に比較的雨が多く、充分な湿り気があった。しかし台風による豪雨などで、昨年に引き続き多くの坪が壊滅的被害を受けた。何度か虫草探しにも出かけたが、あまり収穫はなかった。
2日はK川のツクツクホウシタケの坪に行ってみたが、かなり環境が荒れていたにもかかわらず、4、5体のツクツクホウシタケが出ていた。
tuku140902a.jpg

tuku140902b.jpg
Isaria cicadae
Host: nymph of cicada. Place:Tokyo. 02 Sep. 2014


他には未熟なサナギタケが一体見つかっただけだった。
sana140902.jpg
Cordyceps militaris
Host: larva of  Lepidoptera. Place:Nagaokakyo. 02 Sep. 2014


10日は知人の展覧会を見に京都市内に出かけたついでに、いつもの公園に行ってみた。ツクツクホウシタケが一体見つかったが、掘ってみると寄主はツクツクホウシではなく大型のセミ若虫だった。
tuku140910a.jpg

tuku140910b.jpg
Isaria cicadae
Host: nymph of cicada. Place:Kyoto. 10 Sep. 2014


また同じ場所でセミノハリセンボンが見つかった。寄主はニイニイゼミだったが、周りを探してみるとさらにアブラゼミからのものが5体、クマゼミからのものが1体見つかった。
semihari140910a.jpg

semihari140910b.jpg
Isaria takamizusanensis
Host: adult of cicada. Place:Kyoto. 10 Sep. 2014


18日も展覧会で市内に出かけたが、ついでに東山の坪に行ってみた。ここもナラ枯れの被害が大きく、以前朽木生の虫草がたくさん出ていた場所にも何も見つからない。かなり探して、やっとハチの繭生のAkanthomyces型の不明種が2体と、古くなったキマワリアラゲツトノミタケが一体見つかった。
aka140918a.jpg

aka140918b.jpg
Akanthomyces sp.
Host: cocoon of Hymenoptera. Place:Kyoto. 18 Sep. 2014


kima140918.jpg
Ophiocordyceps sp.
Host: larva of  Coleoptera. Place:Kyoto. 18 Sep. 2014

スポンサーサイト
  1. 2014/09/30(火) 15:25:41|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

東京都内の虫草

2014/08/30、31

東京でグループ展があったので初日の8月30日、朝から新幹線で上京した。昼過ぎまで画廊にいて、夕方のオープニングパーティーまでの間、抜け出して虫草探しに出かけた。3、4時間しかないので、23区内で2カ所廻るぐらいがせいいっぱいだ。
地下鉄と私鉄を乗り継いで目的地のS区某所へ。ここは梅雨頃ならオサムシタケなども見られる所だが、さすがに時季が遅過ぎて見つからない。土曜日とあって人出が多く、立ち止まっていると、ほとんど間断なく人が通り過ぎて行く。
しばらく探していると、細い石段の側の斜面に白いものが見えた。ツクツクホウシタケだ。近くを調べると6、7体がつぎつぎとみつかった。大半は雨に打たれて胞子がながれ落ち、萎びかけている。撮影した後、ややましな状態のものを一体だけ掘り出した。側に感染した若虫が一体露出していたので、それも採集して持ち帰ることにした。
tuku140830a.jpg

tuku140830b.jpg
Isaria cicadae
Host: nymph of cicada. Place:Tokyo. 30 Aug. 2014


さらに辺りを調べると、セミノハリセンボンが一体と、ボーベリア菌に感染したセミが一体みつかった。どちらも持ち帰ることにした。
semiha140830a.jpg
Isaria takamizusanensis
Host: adult of cicada. Place:Tokyo. 30 Aug. 2014


その後もう一カ所、オサムシタケがよく出る公園を調べてみたが、ここでもオサムシタケはもう出ていなかった。コナサナギタケを一体採集しただけで画廊に戻った。

翌31日も画廊に行く前に別の場所を調べたが、ここでもオサムシタケは見られず、ボーベリア菌に感染したハチを一体拾って持ち帰った。もう一泊する余裕もなかったので、画廊からそのまま帰宅した。

東京から持ち帰った虫草。
ツクツクホウシタケ。寄主の若虫がツクツクホウシにしては非常に小さい。弱齢の若虫か別種(チッチゼミなど)の若虫かもしれない。
tuku140830c.jpg
Isaria cicadae
Host: nymph of cicada. Place:Tokyo. 30 Aug. 2014


セミノハリセンボン
semiha140830b.jpg
Isaria takamizusanensis
Host: adult of cicada. Place:Tokyo. 30 Aug. 2014


ボーベリア・バッシアーナ
B_B140830b.jpg

b_b140830a.jpg
Beauveria bassiana
Host: adult of cicada, wasp Place:Tokyo. 30,31 Aug. 2014


コナサナギタケ
kona140830.jpg
Isaria farinosa
Host: pupa of  Lepidoptera? Place:Tokyo. 30 Aug. 2014

  1. 2014/09/12(金) 15:33:52|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0