スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ゾンビー・アントを探して

2014/07/31

虫草祭から帰った直後、私が以前フェイスブックにアップしたタイワンアリタケの記事に外国人の女性から英文でコメントが入った。これはどこで見つけたのか?というので、Kyotoだと答えると、詳しい場所を教えて欲しいということなので、もしあなたが京都に来られるならこの場所に案内しよう、と答えておいた。
するとメッセージが入り、今神戸に来ているので、京都まで行くから案内して欲しいという。彼女はラケルさんといい、ブラジル出身でアメリカのP大でHughes先生の元でOphiocordyceps unilateralisの仲間について研究しているということだ。北海道で講演をした後、日本のあちこちで自らの経験を元に 独力で調べたのだが見つからず、最後の頼みとして私のところに連絡してきたというわけだ。
何度かメールでやりとりして京都のタイワンアリタケの坪近くの某駅で会うことになった。ところで私の英語力ときたらはなはだ頼りないもので、ネット上では翻訳ソフトの力も借りて何とかやりとりできるが、会話というと全く自信がない。
幸い、彼女が日本で世話になっている神戸大のS先生が一緒に来てくれることになった。
駅で落ち合って、タクシーで坪へ。大学から援助が出ているので、すべての交通機関で領収書をとる。
非常に暑い日で、少し歩いただけで汗まみれになる。川沿いなのでまだましだが、それでも暑い。
ラケルさんたちが研究しているのはいわゆるゾンビー・アント、つまりタイワンアリタケOphiocordyceps unilateralisやその近縁種で、日本でいえばタイワンアリタケ、イトヒキミジンアリタケ、クビオレアリタケ、コブガタアリタケなどがそれに当たる。菌に感染したアリが、操られるように胞子をばらまきやすい場所に移動してから息絶えるのが、まるでゾンビのようだというところから来ているのだろう。いちいちオフィオコルディセプス・ユニラテラリスなどという舌を噛みそうな名前を発音するのは大変なので、このように呼んでいるようだ。
歩きながら地面から30cmぐらいの低い位置の葉をめくって調べる。目的のゾンビー・アントはすぐにいくつも見つかった。自国と発生環境が違うのか、こんなところに?という顔をしていたが、彼女はさっそく、写真を撮ったり、近くを歩き廻っているアリを捕まえたりして、かなり満足したようだ。私は何度も来て写真も撮っているので、今回は写真は撮らなかった。地面は乾ききっていて、他の虫草は気配さえもなかった。

もう一カ所、クビオレアリタケの坪に行かなくてはならないので、早々に切り上げて電車で三田市に向かった。
ラケルさんはクビオレアリタケの写真を見て、非常に興味を持ったようだが、この種類はそう簡単には見つからない。元々数が少ない上に、毎年同じ場所に発生するわけでもないのだ。
目的の公園に着いてからかなり歩き廻っても見つからず、3年前に発生していた場所を調べたが、以前発生していた木には見つからない。そのうちにラケルさんが生きているトゲアリを見つけたので、それに力を得て湛然に探すと、地上2mぐらいの位置にあるミツバツツジの枝に一体のクビオレアリタケが付いているのが見つかった。彼女はこんな美しいゾンビー・アントは見たことがないと言って感激していた。その後、近くで4、5体、さらに別の場所で数体のクビオレアリタケが見つかった。
ari140731a.jpg

ari140731b.jpg

ari140731c.jpg

ari140731d.jpg
Ophiocordyceps unilateralis var. clavata
Host: ant. Place:Sanda. 31 Jul. 2014


イトヒキミジンアリタケも以前近くで出ていたので探してみたが、数年前に発生したと思われる残骸がいくつか見つかっただけだった。
スポンサーサイト
  1. 2014/08/05(火) 15:27:01|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

虫草祭inいわき2

2014/07/25~27

いわき市での虫草祭で採集した標本を帰ってから撮影したので紹介する。

まず、今回の虫草祭で結果的にメインになったハエヤドリタケから。この種がこの地でこれほど発生していることは、実は事前にわかっていたわけではない。思わぬ収穫というところだ。
hae140726f.jpg

hae140726g.jpg

hae140726i.jpg

hae140726j.jpg

hae140726l.jpg
Ophiocordyceps dipterigena
Host: adult of Diptera. Place:Iwaki. 26 Jul. 2014


この他にはクモ生種が目立った。クモノオオトガリツブタケは多数見つかったが、島根でたくさん採ったので今回は割愛する。
初日に採集したコエダクモタケは前回紹介した。
26日の朝に採ったオクニッカワクモタケと思われるクモ生種
okuni140726a.jpg
Torrubiella miyagiana?
Host: spider. Place:Iwaki. 26 Jul. 2014


同じく26日に採集した黄色のクモ生種。これは京都でも見られるが未熟だ。
kikumo140726.jpg
Torrubiella sp.
Host: spider. Place:Iwaki. 26 Jul. 2014


同じく26日に採集したアカンソミセス・アラネアルム
A_A140726.jpg
Akanthomyces aranearum
Host: spider. Place:Iwaki. 26 Jul. 2014


27日朝に採集したクモ生種。ツツナガクモタケか?
tutuna140726a.jpg
Torrubiella oblonga?
Host: spider. Place:Iwaki. 27 Jul. 2014


もう一つ27日に採集したクモ生種。Torrubiellaかどうかもわからない。
humei140727.jpg
?
Host: spider. Place:Iwaki. 27 Jul. 2014


最後に27日に採集したサナギ生ハリタケ形不明種。
sana140727.jpg
Ophiocordyceps sp.

Host: pupa of  Lepidoptera. Place:Iwaki. 27 Jul. 2014

  1. 2014/08/04(月) 20:22:08|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

虫草祭inいわき1

2014/07/25~27

今年の虫草祭は福島県いわき市。島根で採集した標本の整理も終わらないが冷蔵庫に放り込んで、25日の朝、出発。途中、東京で画廊に寄って一仕事してからいわきに向かう。特急と各停を乗り継いで勿来駅まで来たものの宿舎までの交通手段が無い。しかたなく、少し遠いがタクシーを利用。思わぬ出費になった。
先に着いていた同部屋のぶれさんたちと合流。ぶれさんは早めに着いて、他の人たちとすでに下見をしてきたようで、採集品のクモ生トルビエラを見せてもらった。子嚢殻が非常に小さく、オクニッカワクモタケではないかということで一致した。写真を撮らせてもらったので載せておく。
okuni140725.jpg
Torrubiella miyagiana?
Host: spider. Place:Iwaki. 25 Jul. 2014


その後、夕食まで少し時間があったので、近くを散歩がてら調べてみようということになり、同部屋の数人でぶらぶらと出かけた。途中で葉の上にクモ生トルビエラを一体みつけた。未熟なコエダクモタケのようだ。どうやらこの場所は気生種が狙い目のようだ。
koeda140725.jpg
Torrubiella leiopus
Host: spider. Place:Iwaki. 25 Jul. 2014


翌26日は早起きして、ぶれさんやAさんと朝飯前の調査に出かけた。途中でぶれさんとはぐれてしまい、Aさんと一緒にどんどん進んで行った。沢に出たので葉裏を調べる。探すうちにクモ生トルビエラが一体みつかった。昨日のぶれさんのと同じオクニッカワクモタケのようだ。Aさんもクモ生トルビエラをいくつか見つけたが、もっと小型の別種だった。おそらくツツナガクモタケ?その他アワフキムシタケがいくつか見つかったが、採集せず。島根で見たのと同じような場所に、クモノオオトガリツブタケもいくつか見つかった。帰り道でAさんがクチキツトノミタケらしき未熟の朽木生種をみつけた。未熟なので採集せず。ぶれさんはこの間にハエヤドリタケをたくさん見つけていたようで、あとで案内してもらうことになった。
tutonomi140726.jpg
Ophiocordyceps stylophora?
Host: larva of  Coleoptera. Place:Iwaki. 26 Jul. 2014


朝食後、車に分乗してみんなで調査に出かけた。私は先頭グループと一緒に沢沿いの道を進んだが、この道はきびしい割に獲物が少なく、後続グループのほうがいろいろ収穫があったようだ。私はAkanthomyces aranearumを一体と、ハチタケやカメムシタケのような普通種をいくつか見つけただけだった。
昼食後、総会まで時間があったので、ぶれさんの案内のもと、数人で近くの沢にハエヤドリタケを見に行った。朝、ぶれさんが見つけた場所だが、ここは我々も前日に行っているのに何も見つけられなかった場所だ。ぶれさんに教えられて斜面の草の間を見ると、枯れ草の茎にハエヤドリタケがいくつも付いている。さらに沢を進んで行くと次々にハエヤドリが見つかり、中には一本の木に10体以上が付いているところもあった。充分に撮影と採集をし、宿舎に引き上げた。
hae140726a.jpg

hae140726m.jpg

hae140726b.jpg

hae140726c.jpg

hae140726d.jpg
Ophiocordyceps dipterigena
Host: adult of Diptera. Place:Iwaki. 26 Jul. 2014


翌27日も5時起きで朝飯前の調査に出かけた。ぶれさんとAさんに新たに若いメンバー2人が加わっている。今回は少し離れた遊歩道の入口近くを調べた。
私は川のほうに降りて葉裏を調べたがクモ生トルビエラ一体とアワフキムシタケしか見つからず、他のメンバーに合流したが、カイガラムシツブタケがいくつか見つかっていたようだ。

朝食後、マイクロバスと車に分乗して全員で昨日の場所に出かけた。今回は沢の方には行かず、昨日見なかった薮の中で気生種を主に調べた。しかしこの辺りは昨日既に大勢が調べた場所であり、かなりの時間調べてもカメムシタケぐらいしか見つからなかった。途中から方針を変えて地生種を探すと、サナギ生のハリタケ形不明種とクモ生不明種が見つかった。
結局のところ全体ではかなりの成果が上がったようで、ハエヤドリタケに至っては80体以上、カイガラムシツブタケもかなりの数が見つかっており、他にもかなり多数の種類が見つかったようだ。
現地ではハエヤドリタケ以外あまり写真を撮らなかったが、帰ってから撮影した採集品は次回に紹介する。
  1. 2014/08/02(土) 11:55:44|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0