梅雨明け、豪雨

2013/07/15, 16

7月13日は久しぶりに京都市内に行った。ついでにいくつかセミ生種の坪を廻ってみたが、日照り続きでカラカラに乾ききっている。当然虫草の気配もない。ところが昼過ぎから降り始めて雷を伴う豪雨になった。夕方まで降り続いたので相当な降雨量になっただろう。
一日おいて15日も朝から大雨。午頃まで降り続いた。午後になってようやく止んだので食料の買い出しに行った。途中のO寺を覗いてみると今年初めてのセミタケが見つかったが、無惨にも踏みつぶされていた。この寺は市街地にもかかわらず、毎年一体だけセミタケが出るのだ。
semi130715.jpg
Ophiocordyceps sobolifera
Host: nymph of cicada. Place:Nagaokakyo. 15 Jul. 2013


翌16日はK川に行った。前に見つけておいた虫草が大雨で流されていないか見に行ったのだ。水かさはいつもよりは多いが思ったほどではない。
まずシャクトリムシハリセンボンを見に行った。5日にはまだ子嚢殻は見られなかったが、今回は小さなツブツブがたくさんできている。
syaku130716c.jpg
Ophiocordyceps sp.
Host: larva of Lepidoptera. Place:Nagaokakyo. 16 Jul. 2013


撮影後、いつもの谷に向かう。多少荒れた感じはあったが、前に見つけておいたハエヤドリタケやハヤカワセミタケは無事だった。ハエヤドリはほぼ完熟していたので持ち帰った。
hae130716b.jpg
Ophiocordyceps dipterigena ?
Host: adult of Diptera. Place:Nagaokakyo. 16 Jul. 2013


ハヤカワセミタケのほうは暗緑色になっており、むしろ過熟のようだったので掘ってみた。寄主はニイニイゼミのようだ。
haya130716c.jpg

haya130716a.jpg
Metacordyceps owariensis
Host: nymph of cicada. Place:Nagaokakyo. 16 Jul. 2013


少し離れた場所に虫草らしきものが出ていた。どうやらこれも未熟なハヤカワセミタケのようだが、同じ種類なのに発生時期がずれているのは不思議だ。
haya130716b.jpg
Metacordyceps owariensis ?
Host: nymph of cicada. Place:Nagaokakyo. 16 Jul. 2013


他には未熟なコエダクモタケツブノセミタケが見つかった。ツブセミのほうは、久しぶりに掘ってみたのだが、20cmほど掘ってもまだまだ終わりそうにないので断念した。以前に何度も掘っているし、蚊が多くて集中できそうもなかったのだ。
gibe130716.jpg
Torrubiella leiopus
Host: spider. Place:Nagaokakyo. 16 Jul. 2013


tubusemi130716.jpg
Ophiocordyceps prolifica
Host: nymph of cicada. Place:Nagaokakyo. 16 Jul. 2013

  1. 2013/07/18(木) 17:50:11|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0