今年も猪名川2

2013/06/27

6月3日に猪名川町に行ってから3週間以上が過ぎた。そろそろその後の様子を見に行かなければならない時期だ。というわけで、朝早くから出かけた。
まず最初に不明の菌生虫草を見に行った。前回はかなり未熟なものが2体ほど出ていただけだったが、今回は完熟と思われるものが7体出ている。ただ、前回露出していたツチダンゴがなくなっているのは、先日の大雨で流されたのだろう。昨年充分調べたので、今回は採集しなかった。
kin130627a.jpg

kin130627b.jpg

kin130627c.jpg
Elapocordyceps sp.
Host: Elaphomyces. Place:Inagawa. 27 Jun. 2013


その後、周りを調べたが他には見つからず、昨年は出ていたハエヤドリタケも見つからなかった。倒木がたくさんあるにもかかわらず、朽木生の虫草は全く出ていない。やっとヒメクチキタンポタケが一体見つかっただけだった。
himeku130627.jpg
Cordyceps annullata
Host: larva of Coleoptera. Place:Inagawa. 27 Jun. 2013


地面を調べている時、非常に小さなマルミノアリタケを見つけた。よく見ると宿主のアリも露出している。
arix130627.jpg
Ophiocordyceps formicarum
Host: ant. Place:Inagawa. 27 Jun. 2013


一通り調べた後、谷の入り口付近に戻ってタイワンアリタケの坪を調べた。前回はほとんどストローマが伸びていないものばかりだったが、今回はちゃんと結実しているものがたくさん見つかった。一ヶ月の間に伸びて結実したわけで、思っていたよりもかなり成長が速い。
ari130627a.jpg

ari130627b.jpg

ari130627c.jpg
Ophiocordyceps unilateralis
Host: ant. Place:Inagawa. 27 Jun. 2013


タイワンアリタケを調べているうちに、丈の低いアオキの葉裏に見慣れぬ虫草が付いているのが目に入った。ルーペで見ると宿主はハゴロモの仲間のようだ。まだ未熟で子嚢殻はできていない。家の近くなら現地で経過観察をするのだが、ここは気軽に立ち寄れる場所ではないので、持ち帰って追培することにした。
hago130627.jpg
Ophiocordyceps sp.
Host: nymph of Homoptera. Place:Inagawa. 27 Jun. 2013


さらにタイワンアリタケが付いているのと同じ種類の木にカイガラムシ生のトルビエラが付いているのが見つかった。カイガラムシキイロツブタケに似ているが黄色味が少ないので、どうやらシロミノカイガラムシタケのようだ。
siromi130627a.jpg

sitomi130627b.jpg
Torrubiella sp.
Host: scale insects. Place:Inagawa. 27 Jun. 2013

  1. 2013/06/28(金) 11:31:36|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0