ひさしぶりのハリセンボン

2013/06/24

大雨の後の状況を見にK川へ。さすがに地面はよく濡れていて、川の水は轟々と流れている。まずクサナギヒメタンポタケの坪を調べた。すっかり老成して黄色っぽくなっている。いくつかは雨で流されたのか姿を消している。
kusa130624a.jpg

kusa130624b.jpg
Metacordyceps kusanagiensis
Host: coccoon of Lepidoptera. Place:Nagaokakyo. 24 Jun. 2013


場所を変えて別の谷へ。途中の道沿いの斜面でサナギタケを見つけた。
sana130624.jpg
Cordyceps militaris
Host: larva of Lepidoptera. Place:Nagaokakyo. 24 Jun. 2013


目的の谷に着いて川面に降りて調べる。ここはクモ生虫草が多いところだが、今年はまだ出てきていないようだ。岸のアオキの枝に蛾生虫草が付いているのが一体見つかった。おそらくガヤドリナガミノツブタケだろう。まだ子嚢殻はできていない。高さ2mぐらいの場所なので三脚が使えない。仕方が無いので手持ちでのフラッシュ撮影を試みた。何枚も撮ったが、後で見てみるとほとんどがぶれていた。
ga130624.jpg
Cordyceps tuberculata
Host: adult of Lepidoptera. Place:Nagaokakyo. 24 Jun. 2013


あまり成果が無いのでまた場所を変える。毎年夏には何種類もの虫草が見られる場所だが、ここもまだ低調だ。サナギタケやヒメクチキタンポタケが見つかったが撮影せず。小さなギベルラが見つかったので撮影しようとすると三脚が無い。さっき蛾生虫草を撮影した時に置き忘れたのだろう。
仕方が無いのでここでも手持ちでのフラッシュ撮影。やや未熟なGibellula pulchraだ。
gibe130624.jpg
Gibellula pulchra
Host: spider. Place:Nagaokakyo. 24 Jun. 2013


三脚を取りに先ほどの谷へ。三脚はすぐに見つかったが、二つの谷の間はかなり距離があるので、ずいぶん時間と体力を浪費したものだと悔やみながら帰途についた。ふと道沿いの木を見るとなんとシャクトリムシハリセンボンが付いている。まだ未熟だが、なかなか見事なハリセンボンだ。先ほどは見逃していたわけだが、三脚を忘れたおかげで今日最高の成果を得ることができた。このハリセンボンは生の枝ではなく枯れ枝に付いていたので、目立たない場所に移して経過を観察することにした。
syaku130624c.jpg

syaku130624a.jpg
Ophiocordyceps sp.
Host: larva of Lepidoptera. Place:Nagaokakyo. 24 Jun. 2013

  1. 2013/06/25(火) 09:54:30|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0