スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

東京の虫草

2012/12/23

ずいぶん長い間このブログを放置してしまった。11月に東京で個展があり、9月から制作に追われてブログを更新する余裕がなかったのだ。夏の間暑くて仕事にならなかったので山遊びばかりしていたツケが廻って来たという訳だ。

個展は11月17日から30日まで銀座のA画廊で開催され、虫草やキノコ関係の来場者もたくさんあった。(来て下さった皆様、ありがとうございました。)
25日は画廊が休みだったのでT山に行ってみた。紅葉のシーズンの日曜日でしかも晴天とあってたいへんな人出が予想されたので、早起きして午前7時過ぎから登り始めたが、すでにかなり大勢の人々が登っていた。川沿いの山道を進みながら葉裏を調べると、何種類かの虫草が簡単にみつかった。調べている間に次々と人々が横を通り過ぎて行くが、誰一人「何を見ているのですか?」と訊く人はいない。この山の特長だろう。
何種類か採集してから山頂に着き、ケーブルカーで下山した。時間が早いためか、全く待たずに乗れた。ふもとの駅では乗り場の前の広場がもの凄い数の人々で埋まっていた。駅までの道が全て人で埋め尽くされているようだった。別の道を通って大回りで駅に着いたが,つくづく早起きしてよかったと思った。

T山で見つけた虫草は以下の通り。同じ種類がたくさん見つかった場合は一体(或は葉一枚)だけ採取した。後に帰宅してから検鏡した結果と共に紹介する。

まずはアカンソミセス・アラネアルム
kumo121125a.jpg
Akanthomyces aranearum
Host: spider. Place:Hachiouji. 25 Nov. 2012


分生子柄束(シンネマ)、表面にびっしりと分生子形成細胞が並んでいる。
Ak_a1.jpg
synnema of Akanthomyces aranearum

分生子形成細胞と分生子。
Ak_a2.jpg
conidiogenous cels and conidia of Akanthomyces aranearum

次はアカンソミセス・オヴァロンガトゥス
kumo121125c.jpg
Akanthomyces ovalongatus
Host: spider. Place:Hachiouji. 25 Nov. 2012


分生子柄束(シンネマ)、分生子形成細胞は柄の部分だけに見られる。
Ak_o1.jpg

synnema of Akanthomyces ovalongatus

分生子形成細胞と分生子。
Ak_o2.jpg
conidiogenous cels and conidia of Akanthomyces ovalongatus

シンネマの先端部。分生子形成細胞はみられない。おそらくハスノモクモタケの結実部の未熟なものだと思われる。ハスノモクモタケとアカンソミセス・オヴァロンガトゥスはしばしば同じ寄主上に同居するので、 teleomorphとanamorphの関係にあるのではないかと疑っている。
Ak_o3.jpg
head-part of synnema

次の一体のみは22日に横浜市の公園で見つけたもの。最初は金平糖のような感じだったが。容器に入れて数日でシンネマが伸びてきた。ギベルラ・レイオパス
kumo121125b.jpg
Gibellula leiopus
Host: spider. Place:Yokohama. 22 Nov. 2012


分生子柄束(シンネマ)、表面に分生子柄が並んでいる。
G_l1.jpg
synnema of Gibellula leiopus

分生子形成細胞と分生子。
G_l2.jpg
conidiogenous cels and conidia of Gibellula leiopus

次の一体は古くなっているためよくわからない。おそらくギベルラの仲間に別の菌が重複寄生したものだろう。
kumo121125d.jpg
Gibellula sp.
Host: spider. Place:Hachiouji. 25 Nov. 2012


分生子柄束(シンネマ)、表面を被っている菌糸の下にギベルラの丸い分生子柄が見える。
G_sp1.jpg
synnema of Gibellula sp.

表面を被っている重複寄生菌の分生子形成細胞。形から見てVerticillium属と思われる。
V_sp1.jpg
conidiogenous cels of Verticillium sp.

分生子。2種類が混じっているように見える。長紡錘形の方はGibellula unicaのものによく似ている。
G_sp2.jpg
conidia of Gibellula sp. and Verticillium sp.

クモ生以外ではハガクレシロツブタケ。古くなっていたので検鏡しなかった。
haga121125.jpg
Torrubiella sp.
Host: pupa of Diptera. Place:Hachiouji. 25 Nov. 2012


ハダニベニイロツブタケ。これもやや古くなっていたので検鏡しなかった。
kai121125.jpg
Conoideocrella luteorostrata
Host: scale insects. Place:Hachiouji. 25 Nov. 2012

スポンサーサイト
  1. 2012/12/23(日) 13:25:37|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2