アブラムシのトルビエラ

2012/08/15

クモ谷調査の続き。川に入って両岸の葉裏を調べる。クモ生以外にもハガクレシロツブタケやカイガラムシ生のトルビエラなど、いつものメンバーは普通に見つかる。アブラムシ生のHirsutellaもこの時季よく見かける種類だが、この日はアオキの葉裏にかなり盛大に付いていた。一部はマユダマタケの重複寄生を受けている。
aburam120815e.jpg

aburam120815d.jpg

aburam120815f.jpg
Hirsutella sp.
Host:aphid. Place:Nagaokakyo. 15 Aug. 2012


何枚もの葉裏からアブラムシ生の虫草が見つかったが、その中にトルビエラの子嚢殻が付いたものがあった。アリやハゴロモやシャクトリムシハリセンボンに付いたものが過去に何度か見つかっているが、アブラムシに付いたものはこれが初めてだ。
アリに付いたものはアリノミジンツブタケ、シャクトリムシハリセンボンに付いたものはフタイロスカシツブタケと呼ばれる。
aburam120815b.jpg

aburam120815g.jpg

aburam120815h.jpg
Torrubiella sp.
Host:aphid. Place:Nagaokakyo. 15 Aug. 2012


子嚢殻。
aburamsinoukaku.jpg
perithecia of Torrubiella sp.

子嚢
aburamsinou1.jpg
asci of Torrubiella sp.

子嚢と二次胞子。子嚢胞子は分裂して真四角の二次胞子になるが、後に丸くなる。
aburamsinou2.jpg
asci and part-spores of Torrubiella sp.

この種だが、Torrubiella formicarum Samson et al. 1989 と同じではないかと思う。外見も検鏡データもよく似ている。
  1. 2012/08/20(月) 15:35:41|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

黄色のクモ生不明種

2012/08/15

連日かんかん照りの猛暑、かと思えば降れば降ったで地形が変わるほどの集中豪雨。これではなかなか山に出かける気になれない。そんなわけでずっと家に籠っていたが、意を決してK川に行ってみることにした。大雨の2日後ということで心配していたが、やや水量が多く濁っているという程度でそれほど荒れている感じではない。
久しぶりにクモ谷を調べる。クモ生虫草はAkanthomyces novoguineensisやギベルラの仲間がいくつか見つかった程度で数はあまり多くない。そんな中で久しぶりに見つかったのが黄色のクモ生不明種。これは持ち帰り検鏡してみることにした。そのほかアブラムシ生のトルビエラなども見つかったが、これについては次回に記す。
kikumo120815a.jpg
Torrubiella sp.
Host:spider. Place:Nagaokakyo. 15 Aug. 2012


持ち帰った黄色のクモ生不明種
kikumo120815b.jpg

kikumo120815c.jpg
Torrubiella sp.
Host:spider. Place:Nagaokakyo. 15 Aug. 2012


検鏡してみた。

まずはクモの体表を被う黄色い菌叢から出ているギベルラ型の分生子柄から。Gibellula pulchraと同じように見える。
kikumogibe.jpg
anamorph of Torrubiella sp. (Gibellula pulchra ?)

次は子嚢殻。
kikumosinoukaku.jpg
perithecia of Torrubiella sp.

子嚢殻を包んでいる菌叢にはsinanamorphと思われるGranulomanus型の分生子が見える。
kikumosinana.jpg
sinanamorph of Torrubiella sp. ?

子嚢は非常に長い。
kikumosinou.jpg
asci of Torrubiella sp.

子嚢胞子は二次胞子に分裂する。
kikumohousi.jpg
part-spores of Torrubiella sp.
  1. 2012/08/20(月) 11:59:49|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0