スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

梅雨明け、祭りの日

2012/07/17

豪雨続きから一転してかんかん照りの猛暑日が続く。
朝から阪急電車で京都方面に向かったが、いつにない混みよう。うっかりしていたが、今日は祇園祭りの山鉾巡航の日なのだ。
目的の神社に着いて早速探索開始。地面は早くも乾き始めているが、まだアイタケやイグチ類がたくさん出ている。そんな中でまず見つかったのはハナアブラゼミタケ。この場所では初めてだ。続いてキアシオオゼミタケの坪へ。毎年数体は見つかるのだが、ここ数年は成績が悪い。今年も一体だけしか見つからなかった。採集せず。
kiasi120717.jpg
Cordyceps zhejiangensis
Host:nymph of cicada. Place:Kyoto. 17 Jul. 2012


次の目的地まではかなりある。強い日差しの中を歩いて山中に入り、川沿いの道を進む。先日の大雨の名残で、水量は多くやや濁っている。途中で細い山道に入り渓流沿いに進む。ここは過去何度か来ているがガヤドリタケぐらいしか見つけた記憶がない。今回もあまり当てにはしていなかったが、いくら進んでもクモタケ数体だけしか見つからない。そろそろ帰ろうかと思った時、気がつけばちょっといい雰囲気の場所に来ていた。最後にここを調べてから帰ろうと少し集中して探し始めた途端、白いものが目に映った。マユダマタケだ。マユダマタケは他の虫草に重複寄生するので、もしかしたらコガネムシハナヤスリタケなどが出ているかもしれない。とりあえず写真を撮ったが、撮ったものを拡大してみて驚いた。見た事の無い大きなつぶつぶが写っていたのだ。
jimusi120717e.jpg
Ophiocordyceps superficialis
Host:larva of Coleoptera. Place:Kyoto. 17 Jul. 2012


どうやらジムシヤドリタケ(Ophiocordyceps superficialis)のようだ。京都周辺でも何カ所かで見つかっているが、私自身にとっては初めての種類だ。あわてて周囲を探すと次々に同じようなものが見つかった。マユダマタケが付いていないものも見つかり始めたが、これは地面の色とよく似ていて、極めて見えにくい。有ったと思っても、つい気を緩めると見失ってしまう。写真を撮るにしても、オートフォーカスが全く使えない。
結局20体以上は見つかっただろうか。徹底的に調べたわけではないので、実際はもっと出ていたのだろう。何体か掘り出して持ち帰ることにした。
jimusi120717a.jpg

jimusi120717f.jpg
Ophiocordyceps superficialis
Host:larva of Coleoptera. Place:Kyoto. 17 Jul. 2012


ジムシヤドリタケを探す過程で、ホソエノコベニムシタケ(財田型)やツブノセミタケなど、他の虫草もみつかった。なかなか有望な坪と言えるだろう。かなり暑さに参っていたのがこの発見で一気に吹き飛んだ感じだが、これだけで満足して帰ることにした。

持ち帰ったジムシヤドリタケ。寄主はコガネムシの仲間のようだが、種類まではわからない。コガネムシハナヤスリタケの寄主と同じ種類のようだ。
jimusi120717b.jpg

jimusi120717c.jpg

jimusi120717d.jpg
Ophiocordyceps superficialis
Host:larva of Coleoptera. Place:Kyoto. 17 Jul. 2012


暑さに蒸れたあと冷蔵庫に入れたのが悪かったのか、胞子を出してくれない。しかたなく子嚢殻をつぶして検鏡してみた。

子嚢殻。
jimusisinouka.jpg
perithecia of Ophiocordyceps superficialis

子嚢。
jimusisinou.jpg
asci of Ophiocordyceps superficialis

二次胞子。
jimusihousi.jpg
secondary spores of Ophiocordyceps superficialis
スポンサーサイト
  1. 2012/07/20(金) 12:00:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

御近所巡回12

2012/07/09

この前F井さんと訪れてから10日ほどだが、虫草がどんどん出てくるシーズンなのでK川に出かけた。
この前二人で調べた場所を再び調べると、さっそくハヤカワセミタケが見つかった。ここは13年前に初めてこの種を見つけた場所だ。やや未熟だったので採集せず。
haya120709.jpg
Metacordyceps owariensis
Host:nymph of cicada. Place:Nagaokakyo. 09 Jul. 2012


目的の坪に行く途中、前回見つけて写真を撮り損ねたガヤドリナガミツブタケが見つかったので撮影し、持ち帰ることにした。
ga120709a.jpg
Cordyceps tuberculata
Host:adult of moth. Place:Nagaokakyo. 09 Jul. 2012


目的の坪に着いてホソエノコベニムシタケ(財田型)を探したが、なかなか見つからない。やっと一体見つけて撮影。その後5、6体見つけたが寄主がいつもと違うものが多い。植物片を綴り合わせたミノ?に入ったホソフタオビヒゲナガという種類のようだ。
hosoe120709a.jpg

hosoe120709b.jpg
Cordyceps cardinalis
Host: larva of Lepidoptera. Place:Nagaokakyo. 09 Jul. 2012


他に見つかったのはクサナギヒメタンポタケが2体だが、この場所では初めてだ。すでに古くなっている。この場所はこの前も調べたはずだが、見落としていたのだろう。
ヒメクチキタンポタケは探しもしないのに3体見つかった。
himekuti120709a.jpg
Cordyceps annullata
Host: larva of  Coleoptera. Place:Nagaokakyo. 09 Jul. 2012


持ち帰ったガヤドリナガミツブタケ
ga120709d.jpg

ga120709c.jpg

ga120709b.jpg
Cordyceps tuberculata
Host:adult of moth. Place:Nagaokakyo. 09 Jul. 2012


同じくホソエノコベニムシタケ(財田型)
hosoe120709d.jpg

hosoe120709c.jpg
Cordyceps cardinalis
Host: larva of Lepidoptera. Place:Nagaokakyo. 09 Jul. 2012

  1. 2012/07/10(火) 11:33:04|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

(続)大山虫草探索会2012

2012/06/30~07/01

翌7月1日は朝から大雨。近くに宿泊していたトリフィことM井さんの車で集合場所に向かう。山に入ると霧で視界は真っ白。それでも皆が集まる頃には雨も少し小止みになり、霧も晴れてきた。しかしこの日は結局ずっと雨のなかでの探索になった。

この日入った場所は昨年も入った沢。かって知ったる場所なのですぐに何か見つかるだろうと思っていたが、雨のせいもありなかなか見つからない。午前中いっぱい探したがほとんど収穫はなかった。昨年と同じ場所に出ていた未熟なホソエノアカクビオレタケを追培用に数本持ち帰ったのと、未熟なハチタケが1体だけだ。

午後からも少し収まった雨の中、別の場所で探索。ここでは地面から生える小さなマルミアリタケとコメツキタンポタケの坪だ。それぞれ何体か採集した。その後、昨年セミノハリセンボンを採った場所を調べたが収穫なし。結局この日は一度もカメラを出さなかった。

これは1日目のコメツキタンポタケ。
kometan120630b.jpg

kometan120630a.jpg
Ophiocordyceps gracilioides
Host: larva of  Coleoptera. Place:Mt.Daisen. 30 Jun. 2012


コメツキタンポタケは2日間で計6体を採集した。昨年は検鏡できなかったが、今年は充分に胞子を出してくれたので、しっかり検鏡できた。
kometan120703d.jpg

kometan120703a.jpg

kometan120703c.jpg

kometan120703b.jpg

kometan120703e.jpg
Ophiocordyceps gracilioides
Host: larva of  Coleoptera. Place:Mt.Daisen. 30 Jun., 01 Jul. 2012


子嚢殻。
kometansinouka.jpg
perithecia of Ophiocordyceps gracilioides

子嚢。
kometansinou.jpg
asci of Ophiocordyceps gracilioides

子嚢胞子は64分割。コメツキタンポタケの胞子は基本種のウスイロタンポタケに比べてやや短い。
kometanhousi.jpg
 ascospores of Ophiocordyceps gracilioides

尚、コメツキタンポタケの宿主の寄主は採集した6体全て同じ種類のようだ。
「尾端節、末端鋭く尖り、側面後方に2対の突起(1対は小歯状、後側の1対は後方に向かって強く突出し末端尖る。)」(北隆館 日本幼虫図鑑による。)等の特徴からアカアシオオクシコメツキの幼虫と判断した。これも図鑑に載っていない類似種の可能性がある。

  1. 2012/07/06(金) 14:34:46|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ