猪名川再訪1

2012/05/30

天気が良さそうなので少し遠くに出かけることにした。猪名川町某所は昨年も7月16日に訪れているが、その時は時季的に遅過ぎた感じで地面はからからに乾いていた。電車とバスを乗り継いで目的地へ。昨年と同じ谷に入る。まず葉裏のタイワンアリタケを探す。すぐに何体か見つかったが完熟しているものは一つもない。どうやら今回は時季が早過ぎたようだ。それでもやや結実部が膨らんだものをいくつか見つけ撮影。
白いトゲ状の重複寄生菌が付いたものも見つかり、これは持ち帰った。
ari120530a.jpg

ari120530c.jpg

ari120530d.jpg
Ophiocordyceps unilateralis
Host:adult of ant. Place:Inagawa. 30 May. 2012


同じ場所でギベルラタケの仲間を見つけた。クモ生はこの一体だけ。
gibe120530.jpg
Gibellula leiopus
Host:spider. Place:Inagawa. 30 May. 2012


谷川をさらに奥に進んだが地面にも朽木にも何も出ていない。そろそろ引き上げようかと思った時、小さなアリタケらしきものを見つけた。特に珍しくもない種だが今年初めてなので一応撮影。
ari120530b.jpg
Ophiocordyceps formicarum
Host:adult of ant. Place:Inagawa. 30 May. 2012


撮影のために三脚を設置しようとした時、小さな棍棒状のものに気がついた。どうやら未熟な虫草のようだ。掘ってみると白い細根状の菌糸が現れ、それにくっついて丸い塊が出てきた。小型のツチダンゴの仲間のようだ。さらに周りを探すと他にも何体か出ている。露出している小さなツチダンゴの仲間もいくつか見える。全て未熟だが数体を掘り出して持ち帰ることにした。
sirone120530d.jpg

sirone120530c.jpg

sirone120530b.jpg

sirone120530a.jpg
Elaphocordyceps sp.
Host:Elaphomyces sp. Place:Inagawa. 30. May. 2012


もっと出ていないかと範囲を拡げて探していると白い菌糸がついた小さな虫のようなものが目に入った。ルーペで見るとツブツブの子嚢殻が見えた。以前何度か見た事のあるクモ生のトルビエラだ。
nunkumo120530.jpg
Torrubiella sp.
Host:spider. Place:Inagawa. 30 May. 2012


次々に珍しい種類が見つかるので気を良くして、さらに周りを探すと、なんと見事なハエヤドリタケまで見つかった。私にとっても初めての種類だが、関西ではほとんど記録がない種類だ。もっとも、世界的には普通種とされている。これも未熟だったので持ち帰らず現地に置くことにした。
hae120530a.jpg

hae120530b.jpg
Ophiocordyceps dipterigena
Host:adult of fly. Place:Inagawa. 30 May. 2012


まだまだ探したかったが、そろそろ夕方近くになっているし、カメラの電池も切れたので帰ることにした。3週間ほどしたらまた来よう。
  1. 2012/05/31(木) 20:09:22|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0