クサナギ2012

2012/05/17

いい気候になったので何度か自転車で遠征してみたが、これといった成果はない。17日は地元のK川でお馴染みの場所を調べた。7日にここを見た時にはクサナギヒメタンポタケは1体しか見つからなかったが、より丹念に調べると次々にみつかった。総計25体。ほとんどは頭部が2mmほどしかない未熟なものだが、中には子嚢殻が突出してきているものもいくつか見られた。
kusa120517a.jpg

kusa120517b.jpg

kusa120517c.jpg

kusa120517d.jpg

kusa120517e.jpg
Metacordyceps kusanagiensis
Host:cocoon of Lepidoptera. Place:Nagaokakyo. 17 May. 2012


しかしサナギタケは前回見つけた1体以外は全く見つからない。探しながら進むうちに、木の根のようなものに黄土色の鳥の糞のようなものが付いたものが見つかった。どうやら虫草らしいと見当をつけて掘ってみようとしたが、こういう時に限って掘る道具を忘れて来ている。はじめは指で掘っていたが、意外に深く、しかも太い木の根に阻まれてなかなか進まない。財布の中にあった自転車の鍵を使ってようやく掘り出せた。予想通り寄主はセミの若虫だった。
semi120517a.jpg


掘り出したセミ生不明種。寄主はおそらくヒグラシ。これと似たものは2006年11月27日に同じK川の別の場所で見つけたことがある。『エニワセミタケか?』 
semi120517b.jpg

semi120517c.jpg
Cordyceps sp.
Host:nymph of cicada. Place:Nagaokakyo. 17 May. 2012


さらに進んで別の谷に入る。倒木が多いが、あちこちでヒメクチキタンポタケを見かけた。まだ未熟だが、頭部はかなりふくらんできている。
himekuti120517a.jpg

himekuti120517b.jpg
Cordyceps annullata
Host: larva of Coleoptera. Place:Nagaokakyo. 17 May. 2012


朽木を割ってみたところ寄主のキマワリの幼虫が出て来た。かなり大きい。
kima120517.jpg
Host of Cordyceps annullata: Plesiophthalmus nigrocyaneus

近くの斜面で見つけたもう一種。未熟なマユダマタケの仲間か?寄主はおそらく甲虫の幼虫。
mayu120517.jpg
Polycephalomyces sp.
Host: larva of Coleoptera. Place:Nagaokakyo. 17 May. 2012

  1. 2012/05/18(金) 10:04:34|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0