棍棒型菌生不明種2

2012/05/07

連休中は人出を敬遠して引き蘢っていたが、そろそろ出かけることにした。とりあえず近くのK川へ。キャンプ場側から入る。まずクサナギ谷を調べるが、さい先良くクサナギヒメタンポタケが1体見つかったものの後が続かない。クサナギは後にかなり離れた別の坪でもう一体見つかったが、この2体だけだった。ついでだが、クサナギヒメタンポタケは最近Cordyceps属からMetacordyceps属に移されている。
kusa120507a.jpg

kusa120507b.jpg
Metacordyceps kusanagiensis
Host:cocoon of Lepidoptera. Place:Nagaokakyo. 07 May. 2012


サナギタケもさんざん探して結局1体のみ。やはり遅れているようだ。
sana120507.jpg
Cordyceps militaris
Host:pupa of Lepidoptera. Place:Nagaokakyo. 07 May. 2012


続いて棍棒型菌生不明種の坪へ。ここは一ヶ月前にも調べているが、その時には1体もみつからなかった。ところが今回は落ち葉を掻き分ける度にごろごろ見つかる。総計30以上。この場所はここ数年出続けている坪だが、これほどの数が見つかるのは初めてだ。
konbou120507h.jpg

konbou120507a.jpg

konbou120507b.jpg

konbou120507c.jpg

konbou120507e.jpg

konbou120507f.jpg
Elaphocordyceps sp.
Host:Elaphomyces sp. Place:Nagaokakyo. 07 May. 2012

  1. 2012/05/08(火) 21:00:21|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

オオセミタケ最盛期

2012/04/27, 04/30

このところ東京、京都とグループ展続きで制作に忙しく、虫草探しに行く暇がなかった。4月27日は京都のグループ展開催中で当番に当たっていたが、少し早く出てオオセミタケの坪を見て来た。遅かった桜も終わり、人もそれほど多くない。すぐにオオセミタケが何本も見つかった。胞子を盛んに吐き出しているものもあるが、萎びているものはない。要するに今が盛りというところだ。ここは毎年来ているが、実は盛りの時期にはあまり来ていない。何枚か撮影してから2体ほど掘り出したらもう時間が来てしまった。30分もいられなかった。
oosemi120427a.jpg

oosemi120427b.jpg

oosemi120427c.jpg
Ophiocordyceps heteropoda
Host:nymph of cicada. Place:Kyoto. 27 Apr. 2012


掘り出したオオセミタケ。寄主は大型で、おそらくアブラゼミ。
oosemi120427d.jpg

oosemi120427e.jpg
Ophiocordyceps heteropoda
Host:nymph of cicada. Place:Kyoto. 27 Apr. 2012


30日は久しぶりにK川にでかけた。例年ならサナギタケがもう出て来ている頃だが、数カ所の坪を丹念に探しても一体も見つからなかった。やはり例年になく寒かったのが影響しているのだろうか。見つかったのは未熟なガヤドリの仲間が一体だけだった。おそらくガヤドリナガミツブタケ
ga120430b.jpg

ga120430a.jpg
Cordyceps tuberculata
Host:adult of moth. Place:Nagaokakyo. 30 Apr. 2012


また萎びた大型の菌生虫草が一体見つかったが、タンポタケにしては色が黄色いので持ち帰って調べてみた。
nume120430a.jpg
Elaphocordyceps longisegmentis
Host:Elaphomyces sp. Place:Nagaokakyo. 30 Apr. 2012


頭部を少しカットして検鏡すると見覚えのある胞子が見つかった。ヌメリタンポタケで間違いなさそうだ。K川ではこの種は初めてだ。
nume120430b.jpg
part-spores of Elaphocordyceps longisegmentis
  1. 2012/05/03(木) 21:46:22|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ