スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

追培一ヶ月

2011/09/28

8月末の虫草祭の時に大山で採集したセミノハリセンボン5体を追培養していたが、一ヶ月程たったので途中経過を報告する。
追培容器は100円ショップで買った水切り付き密封容器(2個で100円)。ティッシュペーパーを敷いて水道水で湿らせてある。
tsuibai.jpg


セミノハリセンボン5体は大山の標高700m付近のブナ林の林床で8月26日と28日に採集した。内2体の寄主はエゾハルゼミ、残り3体の寄主はヒグラシだった。
エゾハルゼミ生の1体からは未熟な完全型のストローマと思われるものが出始めていたが、残り4体はセミノハリセンボンのシンネマだけだった。

これが初めから完全型のストローマが出ていたエゾハルゼミ生の1体。ストローマの数だけはやたらに増えたがなかなか伸びてくれない。セミノハリセンボンのシンネマの成長が旺盛過ぎて完全型ストローマの成長が阻害されているのかもしれない。
semiha110928e.jpg
Isaria takamizusanensis
Host:adult of cicada. 28 Sep. 2011 (collected at Mt.Daisen. 26 Aug. 2011)


残り4体も追培2週間目ぐらいから黄白色の沁みのようなものが現れ、やがてこぶ状に盛り上がってきた。現在の状態は以下の通り。上1体がエゾハルゼミ生、下3体がヒグラシ生。初めはヒグラシ生のほうが成長が遅かったが、セミノハリセンボンのシンネマが萎び始めるにつれて2体が順調に伸び始めた。エゾハルゼミ生のほうはやはりセミノハリセンボンのシンネマが旺盛で、なかなか伸びない。
semiha110928d.jpg

semiha110928a.jpg

semiha110928b.jpg

semiha110928c.jpg
Isaria takamizusanensis
Host:adult of cicada. 28 Sep. 2011 (collected at Mt.Daisen. 26,28 Aug. 2011)


以前Aさんが京都産のセミノハリセンボンを追培して完全型のストローマを発生させるのに成功したが、その時のストローマはこのような黄色味を帯びたものではなかった。もしかすると別種かもしれない。セミノハリセンボンのシンネマの形も大山産ははっきりしたマチバリ型なのに対し、京都産はもっと不規則な形のものが多い。まだきちんと調べていないが、分生子の形も少し差があるようだ。


スポンサーサイト
  1. 2011/09/28(水) 17:46:30|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

彼岸過ぎ

2011/09/24、09/27

このところ随分更新していなかったが、単に暑さのせいで出る気になれなかったのだ。ようやく涼しくなったと思ったら台風のせいでまたまた出られなくなった。お彼岸を過ぎてようやく再始動というわけだ。
24日は京都市内に知り合いの展示を見に行ったついでに、市内某所のミヤマタンポタケの坪を見に行った。地上には顔を出していなかったが、落ち葉をめくるとやや未熟なミヤマタンポタケがいくつも現れた。採集はせず。
miyatan110924a.jpg

miyatan110924b.jpg

miyatan110924c.jpg
Elaphocordyceps intermedia f. michinokuensis
Host:Elaphomyces apparachiensis. Place:Kyoto. 24 Sep. 2011


27日はK川へ。ハガクレ谷に流れ込む渓流沿いの新ルートを調べる。台風の大雨による増水はようやく治まったようだ。地面はいい感じに湿っているが虫草は見当たらない。しばらく進むと平らな地面から大型の虫草が突き出ているのが見えた。イモムシタケだ。撮影後持ち帰る。
imo110927a.jpg

imo110927b.jpg
Cordyceps kyushuensis
Host:larva of Lepidoptera. Place:Ngaokakyo. 24 Sep. 2011


さらにしばらく進むともう一体。これも採集する。この日はこれだけ。
imo110927c.jpg
Cordyceps kyushuensis
Host:larva of Lepidoptera. Place:Ngaokakyo. 24 Sep. 2011


  1. 2011/09/27(火) 21:07:42|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

クチキフサノミタケ

2011/09/02

サビイロクビオレタケに続いてクチキフサノミタケの撮影、検鏡をした。寄主は甲虫の幼虫、おそらくゴミムシダマシの仲間だろう。
husa110828h.jpg

husa110828f.jpg

husa110828g.jpg

husa110828e.jpg

husa110828i.jpg
Ophiocordyceps clavata
Host: larva of Coleoptera. Place:Mt.Daisen. 28 Aug. 2011


少し未熟だったのか、持ち帰った直後はなかなか胞子を放出してくれず、冷蔵庫で追培しながら何度か試してやっとうまく子嚢胞子を得た。

子嚢殻。
husasinouka.jpg
perithecia of Ophiocordyceps clavata

子嚢。
husasinou.jpg
asci of Ophiocordyceps clavata

子嚢胞子
husahousi.jpg
ascospore of Ophiocordyceps clavata


  1. 2011/09/02(金) 18:24:57|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ