ベニイロクチキムシタケ

2011/08/17

静岡の茶のかほりさんことK坂さんからこんどはベニイロクチキムシタケが3体届いた。こちらではこの時季は乾ききっていてほとんど何も出ないので、羨ましい限りだ。
1体目は木に入ったままの状態。菌糸が周りに伸びている様子がよくわかる。
beni110817c.jpg


泥状のものを取り除いて撮影。寄主はゴミムシダマシ科の幼虫。(ナガキマワリの仲間か?)
beni110817a.jpg
Cordyceps roseostromata
Host: larva of  Coleoptera. Place:Shizuoka. Aug. 2011


結実部。
beni110817d.jpg
head of Cordyceps roseostromata

2体目とその結実部。寄主は同じ。
beni110817b.jpg

beni110817g.jpg
Cordyceps roseostromata
Host: larva of  Coleoptera. Place:Shizuoka. Aug. 2011


3体目とその結実部。これは明らかに未熟だ。寄主は別種の幼虫。よくわからない。
beni110817e.jpg

beni110817f.jpg
Cordyceps roseostromata
Host: larva of  Coleoptera. Place:Shizuoka. Aug. 2011



外観の撮影後さっそく検鏡。2体目が胞子を出してくれた。

子嚢殻。
benisinoukaku.jpg
perithecia of Cordyceps roseostromata

子嚢。
benisinou.jpg
asci of Cordyceps roseostromata

子嚢胞子は図鑑の記載とは違い、糸状で分裂しない。ホソエノコベニムシタケ(財田型)Cordyceps cardinalisの胞子にそっくりだ。
上は水だけで見たもの。隔壁のように見えるのは油滴。下はメルツァー液で処理したもの。
benihousi1.jpg

benihousi2.jpg
ascospores of Cordyceps roseostromata

アナモルフらしきものも見えた。

分生子形成細胞
beni_ana1.jpg
conidiogenous cells of Cordyceps roseostromata

分生子
beni_ana2.jpg
conidia of Cordyceps roseostromata


  1. 2011/08/20(土) 13:10:54|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0