猪名川遠征

2011/07/16

ムックきのこ関係のメンバー数人で猪名川町に遠征した。参加者は私の他にT田さん、O野さん、M井さん。狙いは一応虫草で、特に葉裏のアリに付くタイワンアリタケだ。
この計画が立てられたのはかなり前だったので、梅雨がこれほど早く明けてしまうとは予想していなかった。この日は真夏のかんかん照りで、地面もすっかり乾いてしまっている。
着いた場所はなかなかよさそうな坪で、梅雨の頃ならかなりの収穫が期待できただろう。
それでも葉裏を調べると次々にアリ生虫草が見つかった。最初は未熟なものばかりだったが、みんなで探すうちに完熟個体も見つかり始めた。
ari110716d.jpg

ari110716b.jpg

ari110716a.jpg

ari110716c.jpg
Ophiocordyceps unilateralis
Host:ant. Place:Inagawa. 16 Jul. 2011


その他にはギベルラタケなど、クモ生のアナモルフ虫草がかなり見つかった。もう少し早ければ朽木生のマルミノアリタケなどが出る坪だということだ。
完熟したタイワンアリタケとクモ生のアナモルフ虫草をいくつか持ち帰る。暑すぎるので早々に切り上げた。

持ち帰ったタイワンアリタケ。これをタイワンアリタケとするには異論もあると思われる。日本ではイトヒキミジンアリタケと同一視されることが多い。
このブログでは葉裏のチクシトゲアリに付き、針金状のストローマの下部に赤みがかった黒色の塊状の結実部を形成するものをタイワンアリタケ、斜面の木の根元のミカドアリタケ等に付き、針金状のストローマの上部に黒色の皿状の結実部を形成するものをイトヒキミジンアリタケとしておく。
ari110716e.jpg

ari110716f.jpg

ari110716g.jpg

ari110716i.jpg
Ophiocordyceps unilateralis
Host:ant. Place:Inagawa. 16 Jul. 2011


子嚢殻
arisinouka2.jpg
perithecia of Ophiocordyceps unilateralis

子嚢
arisinou01.jpg
asci of Ophiocordyceps unilateralis

子嚢胞子。隔壁は5のものが多いがさらに分裂しているように見えるものもある。
arihousi03.jpg

arihousi01.jpg

arihousi05.jpg
ascospores of Ophiocordyceps unilateralis

  1. 2011/07/22(金) 20:48:25|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0