ツクツクホウシセミタケ

2010/09/06~09/10

S根さんからツクツクホウシセミタケを2体送っていただいた。虫草祭の時に預かった同種が未熟だったので、新しく採集してくださったものだ。確かに前回のものより子嚢殻が発達しているようだ。
早速撮影。
tuku100906d.jpg

tuku100906c.jpg

tuku100906b.jpg
Cordyceps sinclairii
Host:nymph of cicada. Place:Takatsuki. 02 Sep. 2010


もう一体はツクツクホウシタケと同居している。
tuku100906e.jpg

tuku100906f.jpg

tuku100906g.jpg
Cordyceps sinclairii
Host:nymph of cicada. Place:Takatsuki. 02 Sep. 2010


検鏡してみた。まずスライドグラスの上に結実部を置いて自然放出の胞子を見ようとしたが、失敗。胞子は検出されなかった。
次に切片を採って子嚢殻を見てみた。前回のものよりかなり大きく、完熟に近いようだ。
tuku100906h.jpg
perithecia of Cordyceps sinclairi

子嚢殻を潰して子嚢を見る。中に胞子ができていないものが多く、やはり未熟のようだ。わずかに胞子ができているものがあった。やはりヌンチャク型のように見える。
tuku100906i.jpg
asci of Cordyceps sinclairi

分生子も検鏡したが、以前見たツクツクホウシタケのものと変わらないので省略する。

ところでこのツクツクホウシセミタケの学名Cordyceps sinclairii Kobayasiだが、先行する同名Cordyceps sinclairii (Berkeley) Saccardo(ツクツクホウシタケ Isaria cicadae のシノニムとして。)が存在するので有効名ではない。
  1. 2010/09/17(金) 18:26:46|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0