雨だから顕微鏡でも覗こう

2010/07/14~16

雨に打たれて風邪をひいて、しかも連日の雨なので、採集してきた標本の検鏡をすることにした。
まずアブラゼミタケ
abura100713f.jpg

abura100713g.jpg
Cordyceps nipponica
Host:nymph of cicada. Place:Kyoto. 13 Jul. 2010


スライドグラスの上に結実部を乗せて胞子を吐き出させる。

abura100713h.jpg
ascospores of Cordyceps nipponica.

子嚢胞子は128個に分裂する。
abura100713i.jpg
ascospore of Cordyceps nipponica.

結実部を切断してみたが中を虫が喰っていて子嚢殻はきれいに見られなかった。

同じストローマ上のアナモルフの部分を検鏡。
ハナアブラゼミタケと同じようなPolycephalomyces型の分生子形成細胞と分生子が見られた。
abura100713j.jpg
conidiogenous cells and conidia of Isaria nipponica(anamorph of Cordyceps nipponica).

次はセミタケ
semi100713d.jpg

semi100713g.jpg
Ophiocordyceps sobolifera
Host:nymph of cicada. Place:Kyoto. 13 Jul. 2010


まず子嚢殻。
semi100713h.jpg
perithecia of Ophiocordyceps sobolifera.

子嚢胞子も見たが今までにさんざん載せているので省略。アナモルフを見る。
ストローマの根元にあるソボールと呼ばれる部分(矢印のところ)から切片を採る。いきなり無数の分生子で視野が被い尽くされたが、カバーグラスの端から水を入れては反対側からティッシュで吸い出すという作業を繰り返して余分な分生子を取り除くと、やっと分生子形成細胞が観察できた。分生子の形成形式はフィアロ型ではなく、ボーベリア等と似た形式。
semi100713e.jpg
conidiogenous cells of Beauveria sobolifera(anamorph of Ophiocordyceps sobolifera).

分生子
semi100713f.jpg
conidia of Beauveria sobolifera.

ついでにホソエノコベニタケ(財田型)のアナモルフ。寄主の体表の菌糸塊から採取。
hosoe_ana.jpg
conidiogenous cells and conidia of Cordyceps cardinalis
  1. 2010/07/19(月) 22:25:38|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0