スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

初オオセミ

2010/01/27

知り合いのグループ展を観に京都市街へ。ついでにオオセミタケの坪を調べることにした。昨年2月18日に調べた時にはかなり大きくなっていたが、前回(1月7日)は気配も無かった。先週かなり暖かい日が続き雨も結構まとまって降ったので、そろそろ出て来てもよさそうだ。昨年2月に出ていた辺りを調べると、大きな木の根元に早速1体見つかった。まだ小さく茶色味も少ない。本当に出たばかりのようだ。周りをさらによく調べて計4体見つけた。その後場所を変えてさらに1体。この時期にこれだけ出ているなら、今年も大量発生が期待できるかもしれない。
osem100127a.jpg

osem100127b.jpg

osem100127c.jpg

osem100127d.jpg

osem100127e.jpg
Ophiocordyceps heteropoda
Host:nymph of cicada. Place:Kyoto. 27 Jan. 2010


発生を確認するのが目的なので徹底的に調べる事はせず、早々に切り上げてハナヤスリタケの坪のほうに廻った。落葉を掻き分けて探す。前回とは違う場所にかなりの群生を見つけた。まだまだ未熟だが全体としてかなり大きくなってきているようだ。
hanaya100127.jpg
Elaphocordyceps ophioglossoides
Host:Elaphomyces sp. Place:Kyoto. 27 Jan. 2010


今回はタンポタケも見つかった。ここのはかなり緑っぽい。
tanpo100127.jpg
Elaphocordyceps capitata
Host:Elaphomyces sp. Place:Kyoto. 27 Jan. 2010
スポンサーサイト
  1. 2010/01/27(水) 22:07:43|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新年、ハナヤスリタケの坪

2010/01/07

年が明けて初めて京都市街へ。昨年の春に教えてもらったハナヤスリタケの坪を調べに行ったのだ。
西山のタンポタケは年末の12月29日に発生を確認している。
tan91229.jpg
Elaphocordyceps capitata
Host:Elaphomyces sp. Place:Nagaokakyo. 29 Dec. 2009


そこで東山のハナヤスリタケも出ているかもしれないと考えたわけだ。
目的地に到着後まずオオセミタケの坪を確認したが、さすがに一本も出ていない。早々にあきらめてハナヤスリタケの坪に向かう。コナラを中心とした雑木林だ。昨年出ていた辺りで適当に見当を付けて、厚く積もった落葉を掻き除けて探す。何ケ所か調べて見つからずやはり早過ぎたのかと思い始めた時、すぐ側の黒っぽい子実体が目に入った。
hanaya100107a.jpg


周りの落葉を掻き除けてみると、もやしのような明るい黄色の未熟な子実体が次々と見つかった。全部で10体程だ。
hanaya100107b.jpg

hanaya100107c.jpg

hanaya100107e.jpg
Elaphocordyceps ophioglossoides
Host:Elaphomyces sp. Place:Kyoto. 07 Jan. 2010


いくつか採集した。持ち帰って追培してみるつもりだ。その後何ケ所か調べてみたが、数体見つかっただけだった。

持ち帰ったハナヤスリタケ
hanaya100107d.jpg
Elaphocordyceps ophioglossoides
Host:Elaphomyces sp. Place:Kyoto. 07 Jan. 2010
  1. 2010/01/08(金) 16:23:38|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2