年の瀬

2009/12/23、26

K川へ。今回はクモ谷とアブ谷を調べた。川沿いのアオキの葉をひっくり返すとここでも干涸びたクモ生虫草がけっこう付いている。小型のGibellula leiopusは一つの枝に10体以上も付いているものがある。
お馴染みのカイガラムシ生の不明虫草はかなり多く見つかる。アオキの葉を何枚か持ち帰った。
おそらく2008年にTorrubiellaから新属に移されたConoideocrella tenuisと思われる。
c_t91223d.jpg

c_t91223c.jpg

c_t91223b.jpg

c_t91223a.jpg
Conoideocrella tenuis?
Host:scale insect Place:Nagaokakyo. 23 Dec. 2009


この種は周年見られるが子嚢や胞子を持っていないことが多い。今回も大部分がステリルだった。

子嚢
c_t91223e.jpg
asci of Conoideocrella tenuis?

子嚢胞子
c_t91223f.jpg
ascospore of Conoideocrella tenuis?

同じ葉にNectriaの仲間も付いている。
n_sp91223a.jpg
Nectria sp.
Host:scale insect Place:Nagaokakyo. 23 Dec. 2009


K川では9年ぶりのヤンマタケも見つかった。木に付いているものは2体目だ。地上1.6mの位置にあり、23日にはうまく写真が撮れなかったので、26日に撮り直した。この時季にはまだまだ未熟なので、採集せずにそのままにした。
yanma91226.jpg
Hymenostilbe odonatae
Host:dragonfly Place:Nagaokakyo. 26 Dec. 2009

  1. 2009/12/28(月) 13:32:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

御近所巡回6

2009/12/09

久しぶりにK川へ。今回はハガクレ谷のコースをとる。道沿いのアオキの葉をひっくり返しながら進む。
クモ生虫草がけっこう付いているが、大半は重複寄生のカビにやられた残骸だ。
kumo91209.jpg
Torrubiella sp.
Host:spider Place:Nagaokakyo. 09 Dec. 2009


進むうちにシャクトリムシハリセンボンを見つけた。未熟だが、今の季節を考えるともう成長は止まっているだろう。重複寄生菌に感染しているのかもしれない。高い位置で三脚が使えないのでストロボで撮影した。
syaha91209.jpg
Ophiocordyceps sp.
Host:larva of Lepidoptera Place:Nagaokakyo. 09 Dec. 2009


さらにしばらく行くと小型のガヤドリタケの仲間が見つかった。不完全型のようだ。この種もいくつか出ていた。
ga91209.jpg
Akanthomyces sp.
Host:adult of Lepidoptera Place:Nagaokakyo. 09 Dec. 2009


少し川にも降りてみたが、黴びたクモ生虫草の残骸が多数見つかっただけだった。
  1. 2009/12/11(金) 12:50:58|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0