ボクトウガオオハリタケ

2009/07/19

早起きして宮津に遠征。お馴染みのO沢さん、K山さん御夫妻、Aさんと一緒だ。実は大山に行く予定だったのだが、天候が危ぶまれるのと渋滞が予測されるのとで急遽変更になったのだ。O沢さんの車で走ること数時間で到着。地元のグループの採集会に参加させてもらうということで待ち合わせ、十数人の団体で虫草のポイントへ。知り合いの顔もちらほら見える。ここでのターゲットはオオイタドリの根に巣食ったガの幼虫から出る大型虫草だ。2003年の虫草合宿で来て以来だが、たけ高い草むらに潜り込んでの虫草探しは強く印象に残っている。各自草むらに潜り込んで探す。しばらく探すとイタドリの根元に茶色の曲がりくねった針金のようなものが数本出ているのが目に付いた。ボクトウガオオハリタケだ。撮影してから掘り出す。最初のはわりと簡単に取り出せた。さらに探すと次々に4、5体がみつかった。二体目はかなり大きかったが、堅い根塊に深く潜り込んでいてなかなか取りだせない。何とか取り出せたが虫の体の半分が折れて根塊に残ってしまった。しかたがないので根塊を持ち帰って家で取り出すことにした。
三体目はたくさんのストローマがでていたが、細い根が幾重にも絡まっていたので、根ごと持ち帰った。
boku90719c.jpg

boku90719b.jpg

boku90719a.jpg
Cordyceps sp.
Host:larva of Lepidoptera. Place:Myazu. 19 Jul. 2009


その後ボクトウガオオハリタケはたくさん見つかったが採集はせず。他の種類を探したが結局みつからなかった。

今回も採りそこなったミドリトサカタケ。O沢さんが採ったものを撮影させてもらった。
mido90719a.jpg

mido90719b.jpg
Cordyceps indigotica
Host:larva of Lepidoptera. Place:Myazu. 19 Jul. 2009


ほぼ全員が何体かずつ虫草を手にしたようだ。乱獲で数が減ったと聞いていたが、まだまだ特級坪であることに変わりはなさそうだ。

持ち帰ったボクトウガオオハリタケ。ばらばらになったものもあったので、組み立てて撮影。大きいので結構大変だ。
boku90719d.jpg

boku90719e.jpg

boku90719h.jpg

boku90719f.jpg
Cordyceps sp.
Host:larva of Lepidoptera. Place:Myazu. 19 Jul. 2009


子嚢胞子、水だけで見ると油滴?が入っていて見辛い。
boku90720b.jpg
ascospore of Cordyceps sp.

メルツァー液で処理すると隔壁がはっきり見える。二次胞子に分裂しない。
bokutouhousi.jpg
ascospore of Cordyceps sp.

持ち帰った根塊から折れて残った虫の後半部分を取り出す際に、生きた幼虫が出て来た。コウモリガだ。
オオハリタケの寄主と較べると、色こそ違うが模様が一致する。どうやらボクトウガオオハリタケという名が付いていても、寄主はコウモリガだったようだ。
koumoriga.jpg
Host of Cordyceps sp. Myazu. 19 Jul. 2009
  1. 2009/07/21(火) 21:08:08|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ようやく梅雨空

2009/07/17

梅雨というのにいっこうに雨が降らず、きつい日射しと猛暑でとても外に出る気になれない。久しぶりに夜雨が降った後の曇天でようやく出かける気になった。K川へ。本流ダム湖上流の流れ込みを溯上する。すぐにハチ生虫草が見つかった。かなり成熟しているから、前回来た時には見逃したのだろう。この場所に多いトガリスズメバチタケのようだ。
hati90717.jpg
Ophiocordyceps oxycephala
Host:adult of waps. Place:Nagaokakyo. 17 Jul. 2009

さらに進んで前に来た時未熟だったアマミヤリノホセミタケを見に行った。2週間以上たっているがまだ残っていた。ただ、とっくに時期が過ぎていて、ちょっと触っただけでばらばらになってしまった。寄主のセミも分解されてしまっていた。
幸い少し離れた場所に二体目が見つかった。こちらはまだ未熟だが、一週間ぐらいしたらまた見に行かねばならない。
amami90717a.jpg

amami90717b.jpg
Ophiocordyceps owariensis f. viridescens
Host:nymph of cicada. Place:Nagaokakyo. 17 Jul. 2009

ツブノセミタケの方はほぼ完熟といったところだ。
tubu90717.jpg
Cordyceps prolifica
Host:nymph of cicada. Place:Nagaokakyo. 17 Jul. 2009

他になにか細長い虫草から出ているマユダマタケが見つかったが、掘ってみるとコメツキムシの幼虫が出て来た。コメツキムシタケに重複寄生したもののようだ。つまりここはコメツキムシタケが出る場所だということだ。
mayu90717a.jpg

mayu90717b.jpg
Polycephalomyces sp.
Host:larva of Coleoptera. Place:Nagaokakyo. 17 Jul. 2009

ここまで来たついでにホンゴウソウの発生地を確認しに行った。昨年の秋に見つけた場所だ。まだそれほど多くないが、ちらほらと咲いていた。
hongo90717.jpg


よく見ると辺りのコケの中に細長くて白い糸のようなものが何本か出ている。もしかして・・と思い調べてみると小さなハチが付いていた。未熟なので元に戻した。5、6本はあったろう。
hongo90717b.jpg
Cordyceps sp.
Host:adult of waps. Place:Nagaokakyo. 17 Jul. 2009
  1. 2009/07/21(火) 14:59:32|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0