ようやく梅雨空

2009/07/17

梅雨というのにいっこうに雨が降らず、きつい日射しと猛暑でとても外に出る気になれない。久しぶりに夜雨が降った後の曇天でようやく出かける気になった。K川へ。本流ダム湖上流の流れ込みを溯上する。すぐにハチ生虫草が見つかった。かなり成熟しているから、前回来た時には見逃したのだろう。この場所に多いトガリスズメバチタケのようだ。
hati90717.jpg
Ophiocordyceps oxycephala
Host:adult of waps. Place:Nagaokakyo. 17 Jul. 2009

さらに進んで前に来た時未熟だったアマミヤリノホセミタケを見に行った。2週間以上たっているがまだ残っていた。ただ、とっくに時期が過ぎていて、ちょっと触っただけでばらばらになってしまった。寄主のセミも分解されてしまっていた。
幸い少し離れた場所に二体目が見つかった。こちらはまだ未熟だが、一週間ぐらいしたらまた見に行かねばならない。
amami90717a.jpg

amami90717b.jpg
Ophiocordyceps owariensis f. viridescens
Host:nymph of cicada. Place:Nagaokakyo. 17 Jul. 2009

ツブノセミタケの方はほぼ完熟といったところだ。
tubu90717.jpg
Cordyceps prolifica
Host:nymph of cicada. Place:Nagaokakyo. 17 Jul. 2009

他になにか細長い虫草から出ているマユダマタケが見つかったが、掘ってみるとコメツキムシの幼虫が出て来た。コメツキムシタケに重複寄生したもののようだ。つまりここはコメツキムシタケが出る場所だということだ。
mayu90717a.jpg

mayu90717b.jpg
Polycephalomyces sp.
Host:larva of Coleoptera. Place:Nagaokakyo. 17 Jul. 2009

ここまで来たついでにホンゴウソウの発生地を確認しに行った。昨年の秋に見つけた場所だ。まだそれほど多くないが、ちらほらと咲いていた。
hongo90717.jpg


よく見ると辺りのコケの中に細長くて白い糸のようなものが何本か出ている。もしかして・・と思い調べてみると小さなハチが付いていた。未熟なので元に戻した。5、6本はあったろう。
hongo90717b.jpg
Cordyceps sp.
Host:adult of waps. Place:Nagaokakyo. 17 Jul. 2009
  1. 2009/07/21(火) 14:59:32|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

いただきもの

2009/07/06

南丹遠征の際にAさんにアブラゼミタケとマユダマヤドリバエタケをいただいた。
アブラゼミタケは以前は西山でもたくさん出ていたが、ここ数年は全く見ていない。また標本は持っているがちゃんと検鏡できていない。そんなことを以前話したのをAさんが覚えていてくれたのだろう。京都市東部では今でも何ケ所かで発生しているが、有名な寺社だったり採集禁止の公園だったりで簡単には採集できない。Aさんが採集した場所は自身が所属する大学の構内だそうだ。
abura90705a.jpg

abura90705b.jpg
Cordyceps nipponica
Host:nymph of cicada. Place:Kyoto. 05 Jul. 2009


検鏡してみたが、幸いにも胞子を放出してくれた。

子嚢殻
abura90705c.jpg
perithecia of Cordyceps nipponica

子嚢は細く長い。
abura90705d.jpg
asci of Cordyceps nipponica

子嚢胞子も細く長くて非常に見辛い。128個ほどの二次胞子に分裂する。
abura90705e.jpg
ascospore of Cordyceps nipponica

二次胞子
abura90705f.jpg
secondary spores of Cordyceps nipponica

マユダマヤドリバエタケのほうは東山の某所で大発生しているという。これも検鏡した。
mayu90705a.jpg

mayu90705b.jpg
Polycephalomyces sp.
Host:larva of Diptera. Place:Kyoto. 05 Jul. 2009


分生子形成細胞はシンネマの表面全体にびっしりと並んでいる。普通のマユダマタケと同じようでもあり、違うようでもある。
mayu90705c.jpg
conidiogenous cells of Polycephalomyces sp.

分生子
mayu90705d.jpg
conidia of Polycephalomyces sp.
  1. 2009/07/08(水) 22:11:49|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

南丹遠征2

2009/07/06

南丹遠征から持ち帰った標本を撮影、検鏡した。まずコガネムシタンポタケ
kogatan90705e.jpg
Ophiocordyceps neovolkiana
Host:larva of Coleoptera. Place:Nantan. 05 Jul. 2009


子嚢胞子は32個に分裂する。東京産、四国産のものと特に違いはない。
kogatan90705f.jpg
ascospore of Ophiocordyceps neovolkiana

ハトジムシハリタケも検鏡したがまだ未熟で胞子は見られなかった。
hatoji90705b.jpg

hatoji90705c.jpg

hatoji90705d.jpg
Cordyceps sp.
Host:spider. Place:Nantan. 05 Jul. 2009


コメツキムシタケも未熟。
kome90705b.jpg

kome90705c.jpg
Ophiocordyceps agriotidis
Host:larva of Coleoptera. Place:Nantan. 05 Jul. 2009


サナギタケ
sana90705b.jpg
Cordyceps militaris
Host:pupa of Lepidoptera. Place:Nantan. 05 Jul. 2009


ハチタケ
hati90705.jpg
Ophiocordyceps sphecocephala
Host:adult of wasp. Place:Nantan. 05 Jul. 2009


これらも検鏡はうまくいかなかった。暑かったので蒸れてしまったのかもしれない。
  1. 2009/07/07(火) 23:11:01|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ 次のページ