右京区の山

2009/05/11

京都市右京区の山を見に行った。2月4日に調べて以来だ。前回見つけていた未熟の蛾生虫草はまだそのまま有ったが、ほとんど変化はなかった。山道に入ってしばらく進んだところで道沿いの斜面にコロモコメツキムシタケが一本出ているのを見つけた。過去何度か見ている種類だが、長岡京市以外では見た事がない。掘り出してみたが、寄主のコメツキムシはグズグズに腐っていて取れてしまった。周りを綿密に調べてみると少し離れた場所にもう一体それらしきものが見つかったが、頭部が変形してしまっていた。これも寄主が腐っていて、虫の一部が確認できただけだった。両方とも持ち帰る。
koromo90511a.jpg
Ophiocordyceps acicularis
Host:larva of Coleoptera. Place:Kyoto. 11 May. 2009


幸先のよいスタートだったが、前回見つけたもの以外には特にめぼしいものは見つからなかった。ヒメクチキタンポタケは今回も多数みつかったが、頭部がかなり膨らんできているようだ。
hiku90511.jpg
Cordyceps annullata
Host:larva of Coleoptera. Place:Kyoto. 11 May. 2009


オイラセクチキムシタケも多数見つかったが、完熟しているものがあったので2体持ち帰った。
oira90511a.jpg

oira90511b.jpg
Ophiocordyceps rubiginosoperitheciata
Host:larva of Coleoptera. Place:Kyoto. 11 May. 2009


他に黒く萎びた菌生虫草が見つかったが、持ち帰って検鏡したところタンポタケの二次胞子が検出できた。
今の所普通種しかみつかっていないが、なかなか希望が持てそうな場所ではある。

持ち帰ったコロモコメツキムシタケ
koromo90511b.jpg

koromo90511c.jpg
Ophiocordyceps acicularis
Host:larva of Coleoptera. Place:Kyoto. 11 May. 2009


こちらは変形している方。
koromo90511d.jpg


一応完熟しているが胞子の自然放出が無かったので、子嚢殻を潰して検鏡した。メルツァー液を使用。

子嚢
koromo90511e.jpg
asci of Ophiocordyceps acicularis

子嚢胞子
koromo90511f.jpg
ascospore of Ophiocordyceps acicularis

こちらはオイラセクチキムシタケ
oira90511c.jpg
Ophiocordyceps rubiginosoperitheciata
Host:larva of Coleoptera. Place:Kyoto. 11 May. 2009


こちらも一応完熟しているが胞子の自然放出が無かったので、子嚢殻を潰して検鏡。同じくメルツァー液を使用。

子嚢
oira90511d.jpg
asci of Ophiocordyceps rubiginosoperitheciata

子嚢胞子
oira90511e.jpg
Ophiocordyceps rubiginosoperitheciata
  1. 2009/05/16(土) 12:09:17|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0