春近し、オオセミタケ

2009/02/18

知り合いのグループ展を観に京都市内に出たついでに、オオセミタケが出ているかどうか見に行った。オオセミタケのシーズンは3月~5月だが、今年のような暖冬だともう出始めているかもしれないと思ったのだ。場所は京都の虫草仲間にはよく知られているところだが、私はこの時期には行った事がない。
以前Aさんに教えてもらったことがある辺りを探すと、すぐに潅木の根元に2体見つかった。うち一体はかなり大きくなっている。
osemi90218a.jpg

もう一体はまだ小さい。
osemi90218b.jpg

さらに木の根元辺りを重点的に調べると、次々に十数体が見つかった。多くは地上1cmに充たないが中には完熟近いようなものもある。
osemi90218c.jpg

osemi90218d.jpg

osemi90218e.jpg

osemi90218f.jpg

osemi90218g.jpg
Ophiocordyceps heteropoda
Host:nymph of cicada. Place:Kyoto. 18 Feb. 2009


教えてもらった坪でもあるし未熟でもあるので、採取はしなかった。来月中頃には完熟していることだろう。

  1. 2009/02/18(水) 17:36:16|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0