ヌメリタンポタケとタンポタケ4

2009/02/28

いい天気だったので、K寺裏のヌメリタンポタケとタンポタケの坪を見に行った。前に調べてから2ヶ月たっている。タンポタケはまだ高さ2cmぐらいだが、頭部の大きさはほぼ成熟時に近くなっている。
tan90228a.jpg

tan90228c.jpg
Elaphocordyceps capitata
Host:Elaphomyces granulatus Place:Nagaokakyo. 28 Feb. 2009


ヌメリタンポタケの方がやや成長が速いようだ。
nume90228a.jpg
Elaphocordyceps longisegmentis
Host:Elaphomyces granulatus Place:Nagaokakyo. 28 Feb. 2009


ここまでになると両者の違いはかなり明白になる。タンポタケの方は艶が無く色もあまり暗くないのに対し、ヌメリタンポタケのほうはテカテカと黒光りしている感じだ。

少し掘って寄主のツチダンゴを露出させてみた。タンポタケの方は柄が白っぽいが、ヌメリタンポタケの方は明らかに柄が黄色い。
tan90228b.jpg
Elaphocordyceps capitata
Host:Elaphomyce granulatus Place:Nagaokakyo. 28 Feb. 2009

nume90228b.jpg
Elaphocordyceps longisegmentis
Host:Elaphomyces granulatus Place:Nagaokakyo. 28 Feb. 2009


このように土の中の寄主を露出させた写真は図鑑などでよく見かけるが、土から掘り出したばかりの時は寄主は(ツチダンゴにしろセミの幼虫にしろ)泥や細根などがこびりついていて、何がなんだかわからない状態だ。だから一旦掘り出した後、水洗いしてから再び元の位置に嵌め込んで撮影するのだ。今回の写真もそのようにして撮っていることをお断りしておく。洗わずに同じような写真を撮ろうとしても、まず使える写真にはならない。

タンポタケもヌメリタンポタケも完熟は3月中旬と見た。去年に比べて半月ほど早いようだ。

帰りにコガネムシハナヤスリタケを見てみたが、何本か形を保ったものが見つかった。うち一本は秋に見落としていたものなので一応撮っておいた。
kogaha90228.jpg
Ophiocordyceps nigrella
Host:larva of Coleoptera. Place:Ngaokakyo. 28 Feb. 2009
  1. 2009/02/28(土) 18:28:43|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

春近し、オオセミタケ

2009/02/18

知り合いのグループ展を観に京都市内に出たついでに、オオセミタケが出ているかどうか見に行った。オオセミタケのシーズンは3月~5月だが、今年のような暖冬だともう出始めているかもしれないと思ったのだ。場所は京都の虫草仲間にはよく知られているところだが、私はこの時期には行った事がない。
以前Aさんに教えてもらったことがある辺りを探すと、すぐに潅木の根元に2体見つかった。うち一体はかなり大きくなっている。
osemi90218a.jpg

もう一体はまだ小さい。
osemi90218b.jpg

さらに木の根元辺りを重点的に調べると、次々に十数体が見つかった。多くは地上1cmに充たないが中には完熟近いようなものもある。
osemi90218c.jpg

osemi90218d.jpg

osemi90218e.jpg

osemi90218f.jpg

osemi90218g.jpg
Ophiocordyceps heteropoda
Host:nymph of cicada. Place:Kyoto. 18 Feb. 2009


教えてもらった坪でもあるし未熟でもあるので、採取はしなかった。来月中頃には完熟していることだろう。

  1. 2009/02/18(水) 17:36:16|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新坪さがし

2009/02/04

真冬でも虫草は出ていることは出ている。K寺とK川を合わせれば十数種ぐらいは見つかると思うが、大半は秋に出たものの残骸だったり冬越し中の未熟個体だったりで、新しく出るものはほとんどない。そこでこの時季によくやるのが新坪さがしだ。地図を見て虫草がありそうなところに見当をつけて実際に行って調べるのだが、もちろんシーズンオフなので虫草に出会うことはほとんどない。冬の間に雰囲気のよさそうな場所を絞り込んで、夏に再調査するための準備をするわけだ。地図上ではよさそうでも実際に行ってみると入口が塞がれていて入れなかったり、作業場や資材置き場になっていたり、杉や桧ばかりの植生だったりで、再調査する気になるのはせいぜい1~2割になってしまう。
今回は昨年の11月にちょっとだけ調べた場所だが、もう少し奥まで調べてみようと思ったのだ。場所は右京区、阪急の駅からバス一本で行ける場所だ。山道に入ると早速シダの葉に付いたガヤドリの仲間がみつかった。もちろんまだ未熟だが柄の中程がかなりふくらんでいる。ガヤドリミジンツブタケというタイプになりそうな感じだ。高い位置にあって三脚が届かないので手持ちで撮影。明るかったのでなんとか撮れた。
ga90204a.jpg

ga90204b.jpg
Cordyceps sp.
Host:adult of Lepidoptera. Place:Kyoto. 04 Feb. 2009


さらに進むと道が二つに分れる。まず一方の道に入ってみたが進むに連れて登っていく道で、このままだと山頂に行ってしまいそうだったので途中で引き返した。イトヒキミジンアリタケがいくつかみつかった。
もう一方の道は川に沿っていてなかなかいい雰囲気の道だ。斜面に倒木がかなりあったので調べてみると、朽木生のものがいくつか見つかった。まず朽木上の苔の間から覗いていたクチキムシツブタケ。古くなっていたようで、寄主を確かめようとしたらちぎれてしまった。コメツキムシの幼虫生。
kutiki90204.jpg
Cordyceps cuboidea
Host:larva of Coleoptera. Place:Kyoto. 04 Feb. 2009

次はオイラセクチキムシタケ、これはいくつかみつかった。
oira90204.jpg
Ophiocordyceps rubiginosoperitheciata
Host:larva of Coleoptera. Place:Kyoto. 04 Feb. 2009

そしてヒメクチキタンポタケの未熟個体、これもいくつか見つかった。
hiku90204.jpg
Cordyceps annullata
Host:larva of Coleoptera. Place:Kyoto. 04 Feb. 2009

その他に見つかったのはギベルラの仲間ぐらいで特に珍しいものはなかったが、今の時季にこれだけ見つかればまあ合格といったところだろう。道はさらに奥まで続いていて結構変化もあるので、夏には期待できそうだ。

ところでここで告知を一つ。

NHKの「熱中時間」という番組に冬虫夏草に熱中している画家という扱いで出演することになった。放映日時は下記の通り。

「熱中時間~忙中”趣味”あり/冬虫夏草」
2月10日(火)22時~22時44分 NHK-BSハイビジョン
2月12日(木)19時45分~20時29分 
NHK-BS2
2月16日(月)正午~12時44分 NHKーBSハイビジョン

「熱中時間/冬虫夏草」(短縮版)
2月11日(水)22時45分~23時 
NHK総合
2月13日(金)8時15分~8時30分 
NHK-BS2
2月17日(火)15時45分~16時 NHK総合

残念ながら総合テレビでは短縮版のみ。興味のある方は御覧いただきたい。

  1. 2009/02/05(木) 16:32:36|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0