イトヒキ調査2

2009/01/23

雨が続いたり寒かったりで、なかなか出かける気になれない。久しぶりにあたたかい日だったのでK川に行ってみた。イトヒキミジンアリタケは以前は冬の定番と言っていいぐらいよく見かけたものだが、年々少なくなって、近ごろでは何年も前に出たものの残骸ぐらいしか見られなくなっている。そこで久しぶりにイトヒキを調べてみることにした。以前よく見かけたアブ谷のコースをとる。道沿いのやや急な斜面を登って木の根元を調べながら登って行く。大木や樹皮の厚い木にはあまり付かないようだ。直径10cm以下のやや細いザラザラした感じの木の根元から30cmぐらいの間によく付いている。道から10mぐらい登ったあたりでぽつりぽつりと見つかりだしたが、やはり何年も前に出た古いものばかりだ。さらに10mぐらい登るとやや数が増えてきて、少し新しい感じのものも見つかりだした。しかしまだ結実しているものはみつからない。
ari90123a.jpg

ari90123c.jpg


さらに10mほど登るとようやく小さな黒い結実部を持ったものが混じるようになった。数もかなりある。ざっと50~60体というところか。少し発生数が回復したのだろうか。それともこんなところまで登って調べなかったから見つからなかっただけで、ずっと出ていたのだろうか。
ari90123b.jpg

ari90123d.jpg

ari90123e.jpg
Ophiocordyceps sp.
Host:ant. Place:Nagaokakyo. 23 Jan. 2009


結実したものをいくつか持ち帰ったが、まだ未熟で胞子は見られなかった。結実部とその断面。
ari90123f.jpg

ari90123g.jpg
  1. 2009/01/26(月) 15:45:56|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ヌメリタンポタケとタンポタケ3

2009/01/13

年が明けてだいぶたつが寒いのであまり出かける気になれない。ちょっとK寺裏の山林に行って、追培用にタンポタケヌメリタンポタケの幼菌を採ってきた。年末の時点ではヌメリタンポタケは確認できなかったが、実は出ていたと見えてかなり大きくなっていた。後で年末に撮った写真を確認すると、確かにヌメリらしきものも混じっている。幼菌の段階では非常に見分けが付きにくい。左がヌメリタンポタケ、右がタンポタケ。
tan_nume90113.jpg
left=Elaphocordyceps longisegmentis, right=Elaphocordyceps capitata
Host:Elaphomyces sp. Place:Nagaokakyo. 13 Jan. 2009


ヌメリタンポタケ
nume90113a.jpg
Elaphocordyceps longisegmentis

タンポタケ
tan90113.jpg
Elaphocordyceps capitata

ところでこの二種だが、今迄タンポタケを(Elapho)cordyceps capitata、ヌメリタンポタケをCordyceps canadensisとしてきた。しかし最近の海外の文献ではC. canadensisC. capitataのシノニム(異名)扱いになっている。タンポタケとヌメリタンポタケは胞子の大きさなどではっきり別種とわかるはずなのに変だなと思っていたのだが、ネットでゴソゴソ調べてみたところようやくある論文に辿り着いた。

Typification of Cordyceps canadensis and C. capitata, and a new species, C. longisegmentis. J. Ginns 1988.

内容をかいつまんで述べると次のようになる。

Cordyceps canadensisのホロタイプ標本を調べたところ二次胞子の長さが違う二つの分類群が含まれていることがわかった。元記載に一致する方の分類群はC. capitataのシノニムとされ、もう一つの(長い二次胞子を持つ方の)分類群にはC. longisegmentisという新名が付けられた。

この新名が付けられたほうの特徴を読むとヌメリタンポタケとよく一致する。今迄ヌメリタンポタケの学名をCordyceps canadensisとしてきたが、どうやらC. longisegmentisとしたほうがよさそうだ。さらには菌生虫草の仲間は2007年にElaphocordycepsに移されているので、ヌメリタンポタケの現在の学名はElaphocordyceps longisegmentisということになる。試しにこの名前で画像検索してみるとヌメリタンポタケと同じ種類と思われる画像が出てくる。

そういうわけで冬虫仮装館の標本室のヌメリタンポタケの学名をElaphocordyceps longisegmentisに変更した。尚、このブログの過去の記事は変更しないが、これからはE. longisegmentisを使うことにする。

それにしても専門家はとっくにこのことを知っていたはずだが、論文が発表されて20年もたつのにまだ一般に情報が廻ってこないというのはどういうことだろう。
  1. 2009/01/13(火) 18:03:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0