ちっちゃいやつ

2008/12/18

アブ谷へ向かう道沿いの葉裏を調べながら進んでいる時、一枚の葉裏に直径2mm程の白いものが付いているのを見つけた。どうやら虫草らしいがルーペを忘れてきたので確認できない。葉っぱごと採ってとりあえず持ち帰った。帰ってからよく見てみるとやはりクモ生のトルビエラだった。アブ谷で時々見かけるウスジロクモタケのようだが、それにしても小さい。10円玉と比べて小ささを実感していただきたい。
kumo81218c.jpg


これほど小さくてもちゃんと子嚢殻ができている。
kumo81218b.jpg

kumo81218a.jpg
Torrubiella flava
Host:spider. Place:Nagaokakyo. 18 Dec. 2008


検鏡してみたが子嚢殻は小さく未熟のようだ。
kumo81218e.jpg
perithecia of Torrubiella flava

子嚢はできていたがやはり未熟で胞子は確認できない。
kumo81218d.jpg
asci of Torrubiella flava

この日は他にクモ生など何種類かの虫草がみられた。コゴメクモタケは今年はやや少なかったようだ。
kogome81218.jpg
Torrubiella minutissima
Host:spider. Place:Nagaokakyo. 18 Dec. 2008
  1. 2008/12/20(土) 10:02:37|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0