スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

虫草おさめ

2008/12/30

Aさんからの情報によると、東山ではもうハナヤスリタケが出始めたようだ。それならこちらでもタンポタケが出ているのではないかと、K寺裏の山林を見に行った。毎年タンポタケやヌメリタンポタケが出る坪で落葉をめくって調べると、やはり直径3mmほどの小さな丸い頭部が顔を出していた。さっそく撮影。
tan81230c.jpg
Elaphocordyceps capitata
Host:Elaphomyces sp. Place:Nagaokakyo. 30 Dec. 2008


そばに写っている枯木のような物はこれだった。
tan81230d.jpg


周りを調べて5、6体みつかった。15日にも同じ場所を調べてその時には出ていなかったので、この2週間に出て来たことになる。
tan81230a.jpg

tan81230b.jpg


他には古くなったオイラセクチキムシタケが一体。オイラセは他にもたくさん出ているがほとんどは未熟だ。
oira81230.jpg
Ophiocordyceps rubiginosoperitheciata
Host:pupa of Coleoptera. Place:Nagaokakyo. 30 Dec. 2008


コガネムシハナヤスリタケの坪にも廻ってみたが、大半はマユダマタケの重複寄生を受けている。中に2体ほど本来の形を留めているものがあったが、この時季ではすでに胞子を放出し終わった残骸だろう。
kogaha81230a.jpg
Ophiocordyceps nigrella
Host:pupa of Coleoptera. Place:Nagaokakyo. 30 Dec. 2008


今年の虫草日誌はこれでお終い。
スポンサーサイト
  1. 2008/12/31(水) 10:40:09|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ちっちゃいやつ

2008/12/18

アブ谷へ向かう道沿いの葉裏を調べながら進んでいる時、一枚の葉裏に直径2mm程の白いものが付いているのを見つけた。どうやら虫草らしいがルーペを忘れてきたので確認できない。葉っぱごと採ってとりあえず持ち帰った。帰ってからよく見てみるとやはりクモ生のトルビエラだった。アブ谷で時々見かけるウスジロクモタケのようだが、それにしても小さい。10円玉と比べて小ささを実感していただきたい。
kumo81218c.jpg


これほど小さくてもちゃんと子嚢殻ができている。
kumo81218b.jpg

kumo81218a.jpg
Torrubiella flava
Host:spider. Place:Nagaokakyo. 18 Dec. 2008


検鏡してみたが子嚢殻は小さく未熟のようだ。
kumo81218e.jpg
perithecia of Torrubiella flava

子嚢はできていたがやはり未熟で胞子は確認できない。
kumo81218d.jpg
asci of Torrubiella flava

この日は他にクモ生など何種類かの虫草がみられた。コゴメクモタケは今年はやや少なかったようだ。
kogome81218.jpg
Torrubiella minutissima
Host:spider. Place:Nagaokakyo. 18 Dec. 2008
  1. 2008/12/20(土) 10:02:37|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

蛾生アナモルフ

2008/12/18

K川へ。この日はアブ谷へのコースをとる。途中、道沿いに生える木の葉を調べながら進む。アオキの枝に虫草らしきものを発見。ルーペを忘れてきたので細かいところは確認できなかったが、小型の蛾生のAkanthomycesのようだ。周りの木を調べてさらに3体見つかった。
A_p81218a.jpg

A_p81218b.jpg

A_p81218c.jpg
Akanthomyces sp.
Host:adult of Lepidoptera. Place:Nagaokakyo. 18 Dec. 2008


付いていた木の種類はばらばら、シダの葉に付いていたものもあった。この道は秋に何度か通っているので、比較的最近発生したもののようだ。内2体を持ち帰る。

持ち帰ったAkanthomyces sp.
A_p81218d.jpg
Akanthomyces sp.
Host:adult of Lepidoptera. Place:Nagaokakyo. 18 Dec. 2008


シンネマ(分生子柄束)を一本取って検鏡したが、別種の菌の重複寄生を受けているようだ。冬季に採集したものはこういうものが多い。重複寄生菌はおそらくVeriticillium lecanii
ga81208e.jpg
conidia and phialides of Veriticillium lecanii

まとわりついている重複寄生菌を取り除くとAkanthomycesっぽいフィアライドが現れた。
ga81218b.jpg
phialides of Akanthomyces sp.

この日は他にクモ生など何種類かの虫草がみられた。
  1. 2008/12/19(金) 21:38:38|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ