クサナギ谷

2008/06/17

梅雨の中休みでしばらく雨が降らない。前に行ってから十日程たったので、またクサナギヒメタンポタケの新坪の様子を見に行った。
まず、前回見つけておいたアリ生の未熟虫草を確認。子実体は少し成長しているが、目立った変化はない。
クサナギヒメタンポタケのほうもあまり変化はない。コメツキムシタケも確認したが子嚢果はできていなかった。ただ、周囲を少し念入りに調べると新たに2体のコメツキムシタケがみつかった。こちらもまだ未熟だ。
kome80617a.jpg

kome80617b.jpg
Ophiocordyceps agriotidis
Host:larva of Coleoptera. Place:Nagaokakyou. 17 Jun. 2008


同じ場所でツブノセミタケを1体見つけた。この種類は地中部が長く、掘り出すのに時間がかかるので普通は掘らないのだが、土が柔らかくて掘り易そうだったので試しに指で掘ってみた。するとあっけないほど簡単に寄主のセミ幼虫が出て来た。これは持ち帰った。この場所では他に糸のように細いハチタケ(もちろん未熟)が3体見つかった。
この場所はそれぐらいにしてさらに上流を調べたが、有望そうな感じなのに虫草はなかなか見つからない。そのうち小石に紛れるように少しだけ顔を出したクサナギヒメタンポタケが1体だけ見つかった。先の坪からは100m以上離れている。新しい坪かと勢い込んで辺りを調べたが他にはみつからなかった。それにしてもこの谷全体にクサナギ発生の可能性が見えてきたので、今後この谷をクサナギ谷と呼ぶことにした。
kusa80617.jpg
Cordyceps kusanagiensis
Host:cocoon of Lepidoptera. Place:Nagaokakyou. 17 Jun. 2008


また、ちょっとした倒木群があったので調べてみた。見つかったのはマルミノアリタケ1体だけだったが、季節が違えば朽木生の虫草がもっと見つかりそうな雰囲気の場所だ。
ari80617.jpg
Ophiocordyceps formicarum
Host:adult of ant. Place:Nagaokakyou. 17 Jun. 2008


持ち帰ったツブノセミタケ。一応結実しているがやや未熟か?
tubuse80617a.jpg

tubuse80617b.jpg
Cordyceps prolifica
Host:nymph of cicada. Place:Nagaokakyo. 17 Jun. 2008
  1. 2008/06/20(金) 20:19:38|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0