スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

御近所巡回2

2008/06/26、27

ヒメクチキタンポタケの坪のほうも調べてみた。前回より少し範囲を拡げて林の周辺部も調べてみたが、そこでも結構たくさん出ている。前に今年は50体ぐらいと書いたが、結局の所100体ぐらいは出ているのかもしれない。もっとも昨年、一昨年はこんな周辺部までは調べていないので、段階的に減って来ていることは間違いない。
hiku80626b.jpg

頭部の形の変わったものがあったので載せておこう。
hiku80626a.jpg
Cordyceps annullata
Host:larva of Coleoptera. Place:Nagaokakyo. 27 Jun. 2008


ところでヒメクチキタンポタケと同じくキマワリの幼虫生でちょっと変わったものがいくつかみつかった。
初めは未熟なクチキムシツブタケかと思ったがキャラメルのような粘塊状の物質に被われている。
humei80626a.jpg

humei80627b.jpg

同じような物質に被われた古いヒメクチキタンポタケも見つかった。
humei80627a.jpg

どうやら重複寄生菌のようだ。同じようなものは以前にも見た事がある。その時検鏡した結果はマユダマタケの仲間によく似ていた。
粘塊状の物質が付いていないものもあったが、うまく成熟すれば元の虫草の正体がわかるだろう。
humei80627c.jpg
Host:larva of Coleoptera. Place:Nagaokakyou. 27 Jun. 2008
スポンサーサイト
  1. 2008/06/28(土) 19:27:06|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

御近所巡回1

2008/06/26、27

展覧会がいよいよせまってきたので遠くには行けないが、K寺は徒歩で3分、自転車で1分足らずなので気軽に立ち寄れる。ここでもようやくクモタケが出て来た。今年最初のクモタケは梅雨入り直後の6月3日にO寺で見ているが、すぐに雨が途絶えてしまい発生も止まってしまっていた。それが今週になって大量に見られるようになったのだ。毎年のことだが一応今年も画像を出しておこう。
kumo80626a.jpg

kumo80626b.jpg

kumo80626c.jpg

kumo80627a.jpg
Nomuraea atypicola
Host:spider. Place:Nagaokakyou. 26,27 Jun. 2008


K寺裏の山林も見てみたが、ツブノセミタケが結実し始めていた。
tubuse80627.jpg
Cordyceps prolifica
Host:nymph of cicada. Place:Nagaokakyo. 27 Jun. 2008


コガネムシハナヤスリタケの坪も調べたがこちらもかなり大きくなっている。ほぼ完熟のようだ。前に見たもの以外に2体みつかり、現在3体だ。
koha80627a.jpg

koha80627b.jpg
Ophiocordyceps nigrella
Host:larva of Coleoptera. Place:Nagaokakyo. 27 Jun. 2008
  1. 2008/06/27(金) 17:40:06|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

クサナギ谷

2008/06/17

梅雨の中休みでしばらく雨が降らない。前に行ってから十日程たったので、またクサナギヒメタンポタケの新坪の様子を見に行った。
まず、前回見つけておいたアリ生の未熟虫草を確認。子実体は少し成長しているが、目立った変化はない。
クサナギヒメタンポタケのほうもあまり変化はない。コメツキムシタケも確認したが子嚢果はできていなかった。ただ、周囲を少し念入りに調べると新たに2体のコメツキムシタケがみつかった。こちらもまだ未熟だ。
kome80617a.jpg

kome80617b.jpg
Ophiocordyceps agriotidis
Host:larva of Coleoptera. Place:Nagaokakyou. 17 Jun. 2008


同じ場所でツブノセミタケを1体見つけた。この種類は地中部が長く、掘り出すのに時間がかかるので普通は掘らないのだが、土が柔らかくて掘り易そうだったので試しに指で掘ってみた。するとあっけないほど簡単に寄主のセミ幼虫が出て来た。これは持ち帰った。この場所では他に糸のように細いハチタケ(もちろん未熟)が3体見つかった。
この場所はそれぐらいにしてさらに上流を調べたが、有望そうな感じなのに虫草はなかなか見つからない。そのうち小石に紛れるように少しだけ顔を出したクサナギヒメタンポタケが1体だけ見つかった。先の坪からは100m以上離れている。新しい坪かと勢い込んで辺りを調べたが他にはみつからなかった。それにしてもこの谷全体にクサナギ発生の可能性が見えてきたので、今後この谷をクサナギ谷と呼ぶことにした。
kusa80617.jpg
Cordyceps kusanagiensis
Host:cocoon of Lepidoptera. Place:Nagaokakyou. 17 Jun. 2008


また、ちょっとした倒木群があったので調べてみた。見つかったのはマルミノアリタケ1体だけだったが、季節が違えば朽木生の虫草がもっと見つかりそうな雰囲気の場所だ。
ari80617.jpg
Ophiocordyceps formicarum
Host:adult of ant. Place:Nagaokakyou. 17 Jun. 2008


持ち帰ったツブノセミタケ。一応結実しているがやや未熟か?
tubuse80617a.jpg

tubuse80617b.jpg
Cordyceps prolifica
Host:nymph of cicada. Place:Nagaokakyo. 17 Jun. 2008
  1. 2008/06/20(金) 20:19:38|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ