クサナギの新坪

2008/05/22

K川へ。Nキャンプ場の上流を調べた。ここは少し遠いのだが、林道拡幅工事でキャンプ場までの道沿いの斜面が全て削り取られてしまったのでここまで来ざるを得なくなってしまったのだ。このキャンプ場は途中の山道の自然がすばらしかったのであって、キャンプ場自体は見るべきものはない。何を考えてこんな工事をしたのか理解に苦しむ。
上流は川沿いに細い山道が続いていて、道沿いの斜面にも豊かな動植物相が見られる。サナギタケがまだ少し見られるが、下流よりかなり遅いようだ。進むうちに斜面の雰囲気にふと感ずるものがあって、斜面を登って調べてみると、やはり有った。クサナギヒメタンポタケだ。一度に3体もみつかった。
kusa80522a.jpg

写真を撮ってから辺りを綿密に調べると次々にクサナギがみつかった。
kusa80522b.jpg

kusa80522c.jpg

kusa80522d.jpg

kusa80522e.jpg

kusa80522f.jpg

kusa80522g.jpg
Cordyceps kusanagiensis
Host:cocoon of Lepidoptera. Place:Ngaokakyou. 22 May 2008


様々な形、熟度のものが十数体。これだけの数を目にするのは久しぶりだ。林道工事で消失してしまった以前の坪に勝るとも劣らない坪のようだ。崩れ易い斜面に落葉が積もっていて徹底的に調べると坪を壊してしまう恐れがあるので、ざっと調べるだけにした。以前の坪からは1kmぐらい離れている。おそらくこのような坪はK川流域にいくつもあるのだろう。

調べている途中に小枝にしがみついたトゲアリをみつけた。ルーペで見ると虫草らしきものが出ている。似たようなものはインターネットの自然観察系のブログで何度かみているが、実際に見るのは初めてだ。持ち帰って追培してもうまく行きそうもないので、その場に残して継続観察することにした。
ari80522.jpg
Cordyceps? sp.
Host:ant. Place:Ngaokakyou. 22 May 2008


他にはハナサナギタケがいくつか出ていた。一応今年初なので写真を載せておく。
hasa80522.jpg
Isaria tenuipes
Host:larva of Lepidoptera. Place:Ngaokakyou. 22 May 2008


クサナギヒメタンポタケは完熟したものを2体持ち帰った。うち1体。
kusa80523.jpg
Cordyceps kusanagiensis
Host:cocoon of Lepidoptera. Place:Ngaokakyou. 22 May 2008

  1. 2008/05/22(木) 21:26:49|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0