やっとタンポタケ

2008/02/19

なにかと忙しい上に寒かったり天気が悪かったりして、なかなか出かけられない。もっとも、この季節は一年中でも一番収穫の少ない季節ではあるのだが。今日は昼食に出たついでにK寺に寄ってきた。例年ならとっくにタンポタケが出ている頃なのだが今年はなかなか出ない。前回探して出ていなかった場所を改めて調べてみると、地面ぎりぎりに小さな頭がいくつか出ていた。非常に小さい。この大きさにしては色が濃いが、前回落葉をどけてしまったので陽に当ったせいだろうか?
tan80219a.jpg

tan80219b.jpg
Elaphocordyceps capitata
Host:Elaphomyces granulatus Place:Nagaokakyo. 19 Feb. 2008


近くで見つけたヌメリタンポタケは落葉をかぶっていたので色が薄い。
nume80219.jpg
Cordyceps canadensis
Host:Elaphomyces granulatus Place:Nagaokakyo. 19 Feb. 2008


今年は全体的に虫草の発生が遅れているようだ。一ヶ月ぐらいずれているような気がする。桜の開花も遅れるのだろうか?
  1. 2008/02/19(火) 18:00:01|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ヌメタンその後

2008/02/03

グループ展のための制作が忙しくて、なかなか出かけられない。1月8日に採ってきたヌメリタンポタケを追培養していたのだが、久しぶりに見るとすっかり大きくなっていた。野外ではまだまだ先になるだろう。写真を撮った後検鏡してみることにした。
nume80202a.jpg

nume80202b.jpg
Cordyceps canadensis
Host:E.granulatus Place:Nagaokakyo. 03 Feb. 2008


一度水に浸けてから頭部をスライドグラスの上に置いてみたがあまり変化は無い。それでも検鏡するといくらか胞子を吐き出していた。お馴染みの特徴的な大型子嚢胞子だが、今まであまりきちんと撮影していなかった。

ヌメリタンポタケの子嚢胞子。
nume80202c.jpg
Ascospore of Cordyceps canadensis

同じく追培していたオイラセクチキムシタケも撮影後子嚢殻を二つ取って検鏡してみたが、こちらはまだまだ未熟だったようだ。
oira80202a.jpg

oira80202b.jpg
Cordyceps rubiginosoperitheciata
Host:larva of Coleoptera. Place:Nagaokakyo. 03 Feb. 2008


  1. 2008/02/03(日) 17:54:07|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0