スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

カメムシタケ2

2007/08/27

J谷を経て島本町に行く。5月に行った時に見逃した谷があるのでそこを調べてみることにしたのだ。J谷では何もみつからず、そのまま車道を進んでM川に向かう。途中でクズの葉に覆われた斜面を見つけた。フェンスで車道と仕切られているが端が開いているのでちょっと調べてみることにした。入ってみると地面は瓦礫だらけ。どうやら建築残土等の捨て場のようだ。さすがにこんな場所には虫草はないだろうと思ったがクズの根元を見るとあちこちに赤いものが出ている。何とカメムシタケだ。7、8体はすぐに見つかったが、足場が悪いのと密生した植物で奥までは調べる気になれなかった。いくつか採集して先に向かう。
前回見逃した谷はM川に注ぎ込む源流沿いに山奥まで続いているのだが、見かけはかなり有望そうに見える。
アオキやツバキが多くK川とよく似た感じだ。しかしいくら葉裏を調べてもクモ生虫草が一つも見つからない。川をあきらめて道沿いの斜面に目をやるとクズに覆われた場所がある。入ってみるとまたまたカメムシタケが見つかった。2体採集して持ち帰った。
kame70827f.jpg
Cordyceps nutans
Host:Heteroptera. Place:Shimamoto. 27 Aug. 2007


持ち帰ったカメムシタケを調べると、寄主の多くがホシハラビロヘリカメムシHomoeocerus unipunctatusのようだった。図鑑にはクズに普通とある。
kame70827e.jpg

kame70827d.jpg
Cordyceps nutans
Host:Heteroptera. Place:Shimamoto. 27 Aug. 2007


kame70827c.jpg
Host:Homoeocerus unipunctatus

3体はおなじみのツマキヘリカメムシColpura opacaだった。これらは最初の場所で見つけたのだが、クズ以外にイタドリなども生えていたので不自然ではない。
kame70827b.jpg
Host:Colpura opaca

他にマルカメムシMegacopta punctissimumが1体あったが、この種もクズに普通だ。
kame70827a.jpg
Host:Megacopta punctissimum

昨年調べたオオイタドリの茂みでは全てツマキヘリカメムシかオオツマキヘリカメムシだった。こうしてみると発生地の植生によって寄主の種類がはっきり分かれるのがわかっておもしろい。

スポンサーサイト
  1. 2007/08/30(木) 07:55:57|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

猛暑

2007/08/15~24

随分長いこと更新しなかったが、その間全く山に行かなかったわけではない。毎回同じようなものしか見つからないし、暑くて画像を整理する気になれなかったのだ。
毎年8月に入ると地面がからからに乾いて地上生の虫草はすっかり姿を消してしまう。虫草探しも川に入っての葉裏覗きが中心だ。
前回、クモノエツキツブタケは去年同様少なめと書いたが、今頃になって白い菌糸に覆われたクモを多数見かけるようになった。秋にはかなりの数が見られるのだろう。
kumo070815.jpg
Host:spider. Place:Ngaokakyo. 15 Aug. 2007

ハガクレシロツブタケも多いが、やはりクモ生が多い。過去に何度も出している種類ばかりだが、形がおもしろいものをいくつか並べてみよう。

クモノエツキツブタケ
etuki70815b.jpg
Torrubiella globoso-stipitata
Host:spider. Place:Nagaokakyo. 15 Aug. 2007


こちらはギベルラ付き
etuki70815a.jpg
Torrubiella globoso-stipitata
Host:spider. Place:Nagaokakyo. 15 Aug. 2007


未熟なAkanthomyces novoguineensis
A_n70815a.jpg
Akanthomyces novoguineensis
Host:spider. Place:Nagaokakyo. 15 Aug. 2007


古いコエダクモタケに重複寄生した不明種
kumo070815b.jpg
Host:spider. Place:Ngaokakyo. 15 Aug. 2007

もう少し成長すると多分こうなる。
kumo070815c.jpg
Host:spider. Place:Ngaokakyo. 15 Aug. 2007

毛虫生のSporodiniella umbellata
S_u70815.jpg
Sporodiniella umbellata
Host:larva of Lepidoptera. Place:Nagaokakyo. 15 Aug. 2007


あとは24日にみつけたギベルラをいくつか。検鏡していないがおそらく全部同じ種類。
G70824a.jpg

G70824b.jpg

G70824c.jpg
Gibellula sp.
Host:spider. Place:Nagaokakyo. 24 Aug. 2007


  1. 2007/08/25(土) 12:21:50|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

シャクトリムシハリセンボン

2007/08/06

K川へ。久しぶりにクモ谷を調べる。谷に入ってすぐにコエダクモタケを数体みつけた。この種は今年はやはり多いようだ。
少し進むとアオキの枝にシャクトリムシハリセンボンが付いていた。今年ニ体目だがかなり見事な形だったので持ち帰った。
shaha70806c.jpg
クモ生虫草はたくさんみつかったが、クモノエツキツブタケは去年同様少なめのようだ。子嚢果ができていたのは一体だけだった。他にギベルラを一体持ち帰った。

持ち帰ったシャクトリムシハリセンボン
shaha70806a.jpg

shaha70806b.jpg
Cordyceps sp.
Host:larva of Lepidoptera. Place:Nagaokakyo. 06 Aug. 2007


検鏡してみたが、以前に調べた時と特に違いはない。
子嚢
syaha70806x2.jpg
Asci of Cordyceps sp.

子嚢胞子
syaha70806x.jpg
Ascospore of Cordyceps sp.

クモノエツキツブタケ
etuki70806a.jpg
Torrubiella globoso-stipitata
Host:spider. Place:Nagaokakyo. 06 Aug. 2007


子嚢殻。中身はやや未熟。
etuki70806b.jpg
Perithecia of Torrubiella globoso-stipitata

子嚢殻を取り囲む菌叢からGranulomanus型の分生子がみつかった。 普通Gibellulaに附随するとされているが、必ずしもGibellulaは必要ないことになる。
etuki70806c.jpg
Conidia and Conidiogenous sells of Granulomanus stage.

ギベルラの仲間
G_sp70806a.jpg
Gibellula sp.
Host:spider. Place:Nagaokakyo. 06 Aug. 2007


分生子柄束
G_sp70806b.jpg
Gibellula sp.

分生子柄、この形から見てG.pulchraではなくG.unicaかもしれない。
G_sp70806c.jpg
Gibellula sp.

やはりGranulomanus型の分生子柄もみつかった。
G_sp70806d.jpg
Conidiophores of Granulomanus stage.


  1. 2007/08/09(木) 15:33:25|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2
次のページ