今年も大発生

2007/06/25、26

昨年ヒメクチキタンポタケが大量発生したK寺の坪で今年もかなりの数が発生しているので調べてみることにした。場所は山の中ではなく墓地の側の桧林で、林床はシダやササでまばらに覆われている。
tubo70626.jpg

昨年は足の踏み場もないぐらい出ていたが、今年は探さなければみつからない。
数を数えてみることにしたがついでに一体づつ写真を撮ることにした。重複を防ぐために一枚撮るごとに爪楊枝を側に挿していく。とりあえず100体を目指すことにして始めたが、やってみると結構大変で、50体ぐらい撮ったところでひる時になったので一旦やめることにした。見慣れない虫草を見つけたことも理由だが、これについては改めて書く。
翌26日もいい天気だったので作業の続きをした。結局110体ぐらい撮ったがもう少しはありそうだ。総数150ぐらいにはなるだろう。昨年は軽く百体以上出ていることを確認しただけでそれ以上数えなかったが、密度からみて今年の3倍は出ていたのではないだろうか。
写真はいつもよりサイズを小さくして撮った。数が多いのでピンぼけや手ぶれ、白とびなどがかなりある。どうにか見られる写真を並べてみたがいかがだろうか?数が足りなかったので100枚目は重複寄生の不完全型だ。
hikux1.jpg

hikux2.jpg

hikux3.jpg

hikux4.jpg

hikux5.jpg

hikux6.jpg

hikux7.jpg

hikux8.jpg

hikux9.jpg
Cordyceps annullata
Host:larva of Coleoptera (Plesiophthalmus nigrocyaneus). Place:Nagaokakyo. 25,26 Jun. 2007


100体のヒメクチキタンポタケは採集せずにそのまま残してきたので興味のある人は行ってみるといいだろう。一部は胞子を吐き出し始めているし7月に入るとすぐに一帯の下草が刈り払われるので、観察のチャンスは今週いっぱいだ。
  1. 2007/06/26(火) 21:42:47|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0