保存標本の検鏡6

2007/02/20

先週少しづつ保存標本の検鏡を続けていたが、適切な時期に乾燥固定した標本からはかなりの高率で子嚢や胞子がちゃんと検鏡できることがわかった。その中に子嚢胞子が比較的短く、二次胞子に分裂しないか分裂しにくいグループがかなりの数あったのでまとめてみた。

ボクトウガオオハリタケ Cordyceps sp.

boku70212f.jpg
子嚢

boku70212c.jpg
子嚢胞子 

コロモコメツキムシタケ Cordyceps acicularis

koro70213a.jpg
子嚢胞子 隔壁数は一定しない。24~32程度。

コメツキムシタケ Cordyceps agriota

kome70214d.jpg
子嚢

kome70214a.jpg
子嚢胞子 16前後に分割。

シャクトリムシハリセンボン Cordyceps sp.

syaha70214c.jpg
子嚢

syaha70214f.jpg
子嚢胞子 隔壁数は一定しない。18程度に分割。

オイラセクチキムシタケ Cordyceps rubiginosoperitheciata

oira70214c.jpg
子嚢胞子 8前後に分割。

ハマキムシイトハリタケ Cordyceps sp.

hama70215b.jpg
子嚢

hama70215c.jpg
子嚢胞子 隔壁数は一定しない。10~12程度。

イトヒキミジンアリタケ Cordyceps sp.

itohiki70213e.jpg
子嚢

itohiki70219e.jpg
子嚢胞子 6~8に分割。

子嚢胞子の分割数や長さはかなりばらつきがある。もっと多くの標本を検鏡して平均を出す必要があるだろう。最終的に二次胞子に分裂するかどうかは培養するなどして発芽まで追わなければ確認できないので乾燥標本では無理のようだ。
  1. 2007/02/20(火) 23:02:32|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0