T. tenuis

2007/01/12

随分長いこと更新していなかったが、その間全く虫草探しに行かなかったわけではない。また、全く虫草が見つからないわけでもない。ただ、過去に何度もアップしたようなものばかりで、わざわざ発表する気にならないのだ。一応見つかった種類を挙げておくと、イトヒキミジンアリタケオイラセクチキムシタケハガクレシロツブタケ、冬越し中のヒメクチキタンポタケ、小型のGibellula leiopus、そしてカイガラムシ生の不明トルビエラだ。

T_t061228a.jpg

T_t61228b.jpg
1月8日にK川に行った時、このカイガラムシ生の不明トルビエラをいくつか持ち帰った。この種は周年見られ、今までにも何度か持ち帰って検鏡しているが、ステリル(不稔株)が多くまだちゃんとしたデータが採れていない。いつもはアオキの葉裏で見つかるが、この日はヒサカキの葉裏にもたくさん付いていた。

kai61228.jpg
寄主のカイガラムシはアオキのものと同じ種のように見える。

年末に『台湾の昆虫病原菌図鑑』〈ATLAS OF ENTOMOPATHOGENIC FUNGI FROM TAIWAN〉(S.S.Tzean, L.S.Hsieh, W.J.Wu)を見せてもらう機会があり、その中に見覚えのある種がいくつか載っていた。このカイガラムシ生の不明トルビエラもその一つだ。葉裏のマルカイガラムシを周りに輪を描くように角状の子嚢果を出すTorrubiellaの仲間はT. luteorostrata Zimm. (1901.)とT. tenuis Petch (1922.)の二種が載っているが、写真を見ると色といい形といいT. tenuisのほうにそっくりだ。

T_t70112a.jpg
持ち帰ったカイガラムシ生の不明トルビエラを検鏡してみた。淡橙褐色の子嚢果をつぶして見ると子嚢を持っていた。

T_t70112c.jpg
子嚢の幅は4~5μmで頭部はやや細くなる。長さはかなりばらつきがあるようだ。

T_t70112b.jpg
子嚢胞子は子嚢の中に通常8本、幅1.5μm程で長さはかなりばらつきがある。二次胞子には分裂しない。

T_t70112d.jpg
胞子の中には細かい泡粒のようなものがたくさん入っていて隔壁は見分けにくい。

T_t70112e.jpg
メルツァー液を使ってみるとようやく隔壁らしいものが見えた。子嚢胞子は隔壁によって16に分けられるようだ。隔壁間の間隔は14~15μmでT. tenuisのデータとほぼ一致する。
  1. 2007/01/13(土) 21:33:15|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0