東山

2006/06/12

10日から御池通りの画廊でグループ展が始まっている。Hさんと画廊で待ち合わせて東山に行った。Hさんは最近きのこ写真に熱心なので、近くできのこがでそうな所を案内することになったのだ。N寺裏の山林に入ってみたが、しばらく雨が降っていないので地面が乾き気味できのこはほとんど出ていない。
東山はめったに来ることはないのだが、虫草の種類は西山とあまり変わらないと聞いている。今の時期ならヒメクチキタンポタケが出ているはずだ。過去に何度か来た時にも、東山のどこから入ってもこの種だけは必ず見つかったものだ。山道に入って倒木がある度に調べてみるがなかなかみつからない。

himekuti60612b.jpg
松とおぼしき少し大きな倒木群があったので詳しく調べてみるとやっと一体みつかった。1cmぐらいの黄褐色のタンポ状のストローマが5本出ている。

himekuti60612c.jpg
別角度。
二人で交互に撮影してから掘り出す。

himekuti60612a.jpg
近くでもう2体みつかった。
この種は京都市周辺では普通種だが、他ではあまり聞かない。大きさも虫草としては小さくないし、見つけやすさといい掘り出しやすさといい、虫草初心者向きといえる。京都東山にはきのこ愛好家が多いようで、いくつもの団体があったり観察会もたくさん行われているようだ。ネット上でもいくつかのサイトでみつかったきのこの報告等がなされているのだが、より少ないオオセミタケがよく載っているのにこのヒメクチキタンポタケは全くといっていいほど載っていない。虫草としてはかなり大型のオオセミタケが普通のきのこ目で探しても引っ掛かるのに対し、普通種とはいえ地上部1cmぐらいのこの種は冬虫夏草目で探さないと見つからないのかもしれない。
それ以上さがしても多くの種類がみつかりそうもなかったので、それだけで引き上げることにした。
持ち帰ったヒメクチキタンポタケはやや未熟だったようなのでしばらく追培することにした。

himekuti60612d.jpg
ヒメクチキタンポタケCordyceps annullata

himekuti60612e.jpg
頭部
  1. 2006/06/13(火) 14:34:50|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4