スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

遠征2

2006/04/26

例年ならクサナギヒメタンポタケが出始める頃なのだが、K川のクサナギの坪は林道工事で削り取られてしまって跡形も無い。他の虫草も全般に不調で、K川では書くネタが無い。新しいフィールドを開拓しなければならないのだが、西山近辺でめぼしい所は既に調査済みでK川に匹敵するようなところは見当たらない。国土地理院の5万分の一の地図で調べて自転車で行けそうな場所をピックアップする。西の方では未調査のところは西山の向こう側で、400m級の山を越えて行かねばならない。北山や東山は市街地を越えていかねばならないのがうっとうしいし、電車などを利用すると自由がきかない。京都をはさんで反対側、長岡京と同じような場所に位置する宇治の辺りはどうだろう。20kmとかなり遠いが高低差があまりなく、通りやすそうな道がある。
一応Aダムを目指すことにして出発。途中までは順調に来たが中書島辺りで道を間違えて時間をロスしてしまった。観月橋を過ぎるとスピードの出る川沿いの一本道で、一気に距離をかせぐ。ダム湖そのものは虫草が出そうな雰囲気は無く、早々に引き上げたが、道路と交叉する谷を一つ一つ調べると良さそうな所があった。

sana60426b.jpg
最初の谷は水がちょろちょろ流れているだけの小さな谷だったが、入口で早速サナギタケが見つかった。どうやら完熟しているようだ。掘り出してみると寄主は蛹ではなくてイモムシだったが、一応この季節ならサナギタケでいいのだろう。この谷ではさらに二体みつかった。
次の谷は杉林で収穫無し。三番目の谷はかなり広く、ちょうどいいぐらいの谷川が流れていて、どこかK川を思わせる場所だった。かなり奥まで続いている。川沿いに道がついていて道沿いの斜面は杉林だが、川を挟んだ対岸の斜面はみごとな照葉樹林だ。ゴム長を用意していなかったが川に降りて対岸の斜面を調べてみた。なかなかよさそうな雰囲気だ。
コナサナギタケのようなものを見つけてなにげなく掘り出してみると見覚えのある繭。よく見ると子嚢果らしきツブツブが見える。何とK川では滅びてしまったクサナギヒメタンポタケだ。まさか20kmも離れた宇治市で出会おうとは。

kusa60426a.jpg
辺りを探したが他には見つからず、道に戻って歩きながら対岸の地形を探る。200mほど離れたところで、もしクサナギが出るならこんな場所という地形を見つけて再び川に降りて調べると、まさにドンピシャの場所で二体目が見つかった。思わずにやり。さらに近くで三体目。これらは掘らずに残した。もっと調べればさらに見つかったのかもしれないが、本格的な調査は次の機会ということにして引き上げた。
非常に有望な場所と言っていいだろう。ちょっと遠過ぎるのが難点だが。

sana60426a.jpg

sana60426c.jpg

sana60426d.jpg
サナギタケ Cordyceps militaris

kusa60426b.jpg

kusa60426c.jpg
クサナギヒメタンポタケ Cordyceps kusanagiensis やや未熟。

sana60426e.jpg

持ち帰ったサナギタケは盛んに胞子を出していた。子嚢胞子は非常に細長い。一応128の二次胞子に分かれるようだ。二個分に相当する長い二次胞子も混じっているので126とか127のものもあるが。
スポンサーサイト
  1. 2006/04/27(木) 22:07:15|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

巡回2

2006/04/15、17

K寺へ。4月も半ばなのに一向に暖かくならない。桜も随分長く咲いている。新しいものが出る時季でもないので、すでに見つけている場所を巡回するだけだ。

tubusemi60415.jpg
ツブノセミタケは昨年、一昨年の古いストローマから新しい芽が出始めていた。奥の焦茶色の穂はこの虫草日誌を始めた昨年の1月に既に古くなっていたもので、明るい茶色の数本は昨年の春に出て来た穂だ。手前の白いのが3代目のストローマになる。この日誌では過去4回、1月5月7月12月に観察記録を載せている。

tubu40227.jpg
ところで、古い写真を整理していたら、一昨年の2月27日の日付けのものがみつかった。廻りの様子からみて、同じ個体と思われる。つまりこのツブノセミタケは少なくとも2年以上成長し続けていることになる。いつまで生き続けるか掘らずに観察し続けるつもりなので、もし見つけてもそっとしておいて欲しい。

kogaha60415.jpg
コガネムシハナヤスリタケの坪では昨年の11月にみつけたものがまだ残っていた。もう少しすればマユダマタケが生えてくるのだろう。

ヌメリタンポタケの坪も見て廻ったが、ようやく成熟したという感じでまだ小さいものも多い。タンポタケも同様だ。K川のタンポタケは後から出始めたのにもう終わってしまった感じだ。こちらの方が寒いというわけでもあるまいに、どういうわけだろう。

nume60415a.jpg
未熟な時には見分けがつきにくかった両種だが、成熟すればかなり容易に見分けられる。

nume60415b.jpg
ここでは完全に混在しているようだ。
成熟したヌメリタンポタケの画像を載せておく。

nume60415c.jpg

ヌメリタンポタケCordyceps canadensis

4月17日にK川に行ってみた。遅れに遅れていた林道工事がようやく片付いたようなので、S岳に向かうハガクレ谷沿いのコースを歩いてみた。かなり長い区間にわたって道沿いの斜面が削り取られていて、当分は回復できそうもない。

sana60417.jpg
ようやく一本だけサナギタケをみつけた。まだまだ未熟だ。連休の頃には少しでも出てくるのだろうか?
  1. 2006/04/18(火) 01:58:24|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コナジラミ

2006/04/07

K川へ。またまたハナヤスリタケの坪を見に行った。新しいものは出ていない。タンポタケのほうは今が盛りのようで、あちこちで見かけた。それに比べてハナヤスリタケはここ一ケ所だけだ。この広い山で一ケ所しか出ないということはないと思い、少し範囲を拡げて辺りの林を念入りに調べてみることにした。
タンポタケが生えている場所には寄主のツチダンゴがあるはずなので、タンポタケを目印にしてその周辺を集中的に調べた。

hanaya60406a.jpg
かなり進んだところでやっとハナヤスリタケを一本見つけた。辺りを調べると大小とり混ぜて10本ほどが次々に見つかった。数本持ち帰ることにして掘ってみたが、落葉の堆積が深く細い木の根が縦横に走っていて非常に掘り辛い。寄主は思い掛けない横っちょにあったりしてハナヤスリタケの細いヒゲ根をかなり切ってしまった。

hanaya60407b.jpg

hanaya60407c.jpg
いつも見かける青黒いものの他に黄褐色のものも見つかったが、帰ってから検鏡してみると胞子などは特に変わらなかった。結局新しく見つかったのはこの一ケ所だけだったが、もっと範囲を拡げればさらにたくさん見つかるだろうという希望が持てた。

その後、川に降りて川沿いの斜面を調べたが、目新しいものは見つからなかった。

aokona2.jpg
仕方が無いので葉裏を調べてみると、すぐに小さなAschersoniaが見つかった。最近この手の虫生菌の寄主に関心を持っているので早速見てみると黒い点のようなものがある。

aokona3.jpg
ルーペで見るとコナジラミの蛹殻のようだ。多分アオキコナジラミだろう。今迄見過ごしてきたが、辺りの木の葉裏にかなりの率でついている。

aokona1.jpg
アオキ以外の木も調べてみたが、数種類の木から同じようなコナジラミがみつかった。大きさも形も同じで全てアオキコナジラミのようだ。

tubakona2.jpg
ツバキの葉裏には前に見つけたツバキコナジラミがついていた。こちらのほうがひとまわり大きく、つやがある。

asc60406a.jpg
ツバキからもAschersoniaが見つかった。アオキのものと同じくA. aleyrodisのようだ。寄主は大きさから見てツバキコナジラミだろう。あまり寄主を選ばない種と見える。

ga60407a.jpg
コナジラミを調べているうちに不完全型のガヤドリタケの仲間を見つけた。よく見かけるものとは少しシンネマの形が違っているが、持ち帰って検鏡してみると古くなっているのか胞子は見えなかった。
  1. 2006/04/11(火) 22:17:21|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0