ヌメリタンポタケとタンポタケ1

2006/03/23・24

グループ展や学校行事等で忙しく雨も多かったので、随分長いこと山に行かなかった。久しぶりにK川へ。ハガクレ谷沿いではまだ何やら工事が続いているようなので、本流沿いの道を進んでハナヤスリタケの坪を見に行った。

hanaya60323.jpg
前に見つけていた個体はかなり大きくなっていて、近くにもう一本新しいのが出ていた。さらに探して小さなものをもう一本見つけた。

tan60323a.jpg
少し離れたところでタンポタケも見つかった。こちらのほうはかなり広い範囲にたくさん出ていたが、まだ最盛期には遠いようだ。他にも何か出ていないかと探してみたが何もみつからなかった。

翌24日、昼食ついでにK寺に出かけた。

nume60324a.jpg
ヌメリタンポタケはかなり伸びていたが、完熟まではいかないようだ。タンポタケもまだ小さい。ここでは両種が混じって生えていて、ちょっと見ただけでは区別がつきにくい。

tan60324a.jpg
この写真では左上の端の一本だけがヌメリタンポタケで、あとはタンポタケだ。1cmも離れないで隣合っているが、もちろん別々の寄主についている。何体か掘り出して持ち帰った。

tan60324b.jpg
左の2体がヌメリタンポタケCordyceps canadensisであとはタンポタケCordyceps capitataだが、右の2体がK川産で、中の5体がK寺産。K川産のほうが少し青味が強いようだ。

nume60324b.jpg
ヌメリタンポタケのほうは頭部がやや平べったい感じで色が濃く、ヌメリというより蝋のようなつやがある。孔口がやや突出しているようだ。

tan60324c.jpg
タンポタケの方は頭部がやや尖りぎみで色はやや淡く、つやがない。しかし濡れている時は区別がつきにくい。柄はヌメリタンポタケのほうは黄色味が強いが、どちらも頭部の色を少し淡くしたような色で基部に近づくに従って白っぽくなる。寄主はどちらも同じでキツチダンゴのようだが、アミメツチダンゴにつくこともあるようだ。
  1. 2006/03/24(金) 20:12:46|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4