アリタケとマルミノアリタケ

2006/03/11

アリタケ Cordyceps japonensisといえば日本の虫草のうちでも最も普通とされる種類のひとつで、普通のきのこ図鑑などにも載っているほどポピュラーな虫草だ。
ところがもう一種マルミノアリタケ(マルミアリタケ) Cordyceps formicarumというのがある。この両者の違いがよくわからない。別々の学名がついているぐらいだから別種のはずなのだが、写真や図版などを見る限り全く同じに見える。

ari5.jpg

アリタケ Cordyceps japonensis Hara
Bot. Mag. Tokyo 28 : 351 (1914)
マルミノアリタケ Cordyceps formicarum Y.Kobayasi
Sci. Rep. Tokyo Bunri. Dai. Sect. 2 (84) : 53-260 (1941)

記載文から両種の特徴を比べると、アリタケのほうがやや小振りなぐらいで外観や生態はほぼ相似している。
顕微鏡的な特徴を比較すると次の通り。

アリタケのほうは、被子器(子嚢殻)200×160~190μm、子嚢130~170×5~6μm、二次胞子幅1~2μm
マルミノアリタケのほうは、被子器(子嚢殻)830×370μm、子嚢700×4~5.5μm、二次胞子9.8~10.5×1~1.5μm

アリタケのほうは胞子は幅のみの記載だが、付図を見る限りではマルミノアリタケのものと変わらないようだ。
従って両者の主な相違は被子器の大きさと子嚢の長さということになる。被子器で約4倍、子嚢の長さで4~5倍、マルミノアリタケのほうがアリタケより数字が大きく、この差は個体差の範囲を越えているようにも見える。

 参考;『アリ(膜翅目)に寄生する冬虫夏草』吉見昭一, 冬虫夏草菌研究会通信No.1, 1998

この両種については故、吉見先生が深く研究しておられた。私は直接御指導いただく機会がなかったが、会の先輩方に聞いた所に寄ると、先生は各地からアリタケと思われるものを送ってもらって検鏡されたそうだ。その結果はそのほとんど(或いは全て?)がマルミノアリタケのデータと一致したという。

1986年の『京都のキノコ図鑑』吉見昭一・高山栄(京都新聞社)ではアリタケが普通、マルミノアリタケがやや稀となっている。ところが1998年の上記論文では”この相違点(被子器の大きさと子嚢の長さ)から見てアリタケは極めて少なく、多くはマルミノアリタケである。”となっている。この二つの著作の間に上記の調査が行われたのだろう。

従来アリタケは普通種とされていたので一々検鏡せずに全てアリタケとしていたのだが、改めて検鏡したところほとんど(或いは全て?)がマルミノアリタケだったということだ。図鑑などにアリタケとして出ているものも検鏡すればおそらくマルミノアリタケなのだろう。

私が検鏡したものも全てがマルミノアリタケだった。

ari50520ay.jpg
子嚢

ari50527ez.jpg
子嚢胞子 64個の二次胞子に分裂する。

ari50527fz.jpg
二次胞子

では真のアリタケは存在するのだろうか?

ari8.jpg
2003年の5月に大量のマルミノアリタケをみつけた。中に非常に小さな個体があった。同じ日に同じ場所で採れたものなので全て同種の可能性が高い。大きさの違いは寄主の大きさによる栄養の差からきているのだろう。寄主は大きなものはムネアカオオアリのメス、小さなものは同種のオスと思われる。ふと思いついて一番小さなものを検鏡してみた。

ari2.jpg
すると長さ200μmぐらいの短い子嚢が見えた。アリタケのデータよりやや長いがかなり近い。

ari1.jpg
もちろんこれをもってアリタケというわけではない。同じ子嚢殻の入っていた他の子嚢は400μmぐらいのものが多く200~500μmと幅がある。マルミノアリタケには違い無いのだが全体として記載データよりかなり短い。やや未熟なのだろうがばらばらになった二次胞子が写っていることから一応成熟していると見ていいだろう。
もともと被子器や子嚢の長さは熟度や栄養状態によってかなり違いがあるのだ。比較的個体差が少ないとされる二次胞子の大きさにしても実際に検鏡してみるとかなりばらつきがあるものだ。

私にはこの両種は同一種のように思われる。
原氏はこのような栄養状態の悪い個体から検鏡して記載したのではないだろうか?
アリタケのタイプ標本は行方不明で結論を出すのは不可能なのだが。
  1. 2006/03/11(土) 13:36:10|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:9
前のページ