春の兆し

2006/02/18

昼食ついでにK寺に出かける。前に来てから一ヶ月と少し、今回も巡回だけだ。

nume60218.jpg
ヌメリタンポタケは思ったより変化が少ない。去年は2月はじめでももっと伸びていた。ただ、数は少し増えている。

tan60218.jpg
中に緑色のものが何本か混じっていた。ぬめりもないようで、どうやらタンポタケのようだ。この坪は両種が混じる。タンポタケは少し早いような気もするが、去年の記録を調べると出ていても不思議はない。

ga60218.jpg
この坪を調べている時に1cm程の小さな不完全型虫草を見つけた。埋まっているわけではなく地面に落ちたという感じだ。寄主は蛾の成虫のようだ。まだ未熟なので持ち帰って追培することにした。

検鏡用にオイラセクチキムシタケを探したが、相変わらず結実しているものがない。

musi60218.jpg
その内、一本の倒木で菌に冒されているらしい甲虫の幼虫をみつけた。カミキリムシのようだ。長期の追培は難しいので、目印を付けてその場に残した。

oira60218a.jpg
結局、オイラセは一体だけ持ち帰って追培することにした。

oira60218b.jpg

結実しているが、まだ完熟ではないようだ。
  1. 2006/02/20(月) 11:00:45|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0