スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

イトヒキ調査

2006/02/24

K川へ。林道工事は2月末までだが、入れ替わりにイノシシ駆除の期間に入る。落ち着いて虫草探しができるのは、4月に入ってからになりそうだ。

itohiki60203.jpg

itohiki60224.jpg
今日のねらいはイトヒキミジンアリタケ。ちょっと探せばいくらでも見つかる種類だが、状態のよいものはなかなか見つからない。今年は例年に比べて特に少ないようだ。発生する場所が20~30度の急斜面に生える木なので、撮影も採集も結構大変だ。へたをすると滑落の危険もある。

いくつか採集してから、去年ハナヤスリタケが出ていた場所に行った。

hanaya60224.jpg
この辺りも伐採で随分変わってしまった場所だが、落葉をかき分けると小さなものが一本だけでていた。タンポタケも出るはずだが、一本も見つからなかった。まだ2月だから少し早過ぎるのだろう。

N_c60225a.jpg
探している内にセミの屍骸(アブラゼミ)をみつけた。

N_c60225b.jpg
この季節なのにまだ形骸を保っているということは菌に感染の可能性有りと見てルーペで調べると、緑色のカビのようなものが見えた。

N_c60225c.jpg
持ち帰って検鏡すると見覚えのある大小ニ型の分生子が見えた。去年の9月に見たのと同じNomuraea cylindrosporaだ。

イトヒキのほうはまだ未熟なようなのでしばらく追培することにした。
スポンサーサイト
  1. 2006/02/26(日) 17:37:15|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

春の兆し

2006/02/18

昼食ついでにK寺に出かける。前に来てから一ヶ月と少し、今回も巡回だけだ。

nume60218.jpg
ヌメリタンポタケは思ったより変化が少ない。去年は2月はじめでももっと伸びていた。ただ、数は少し増えている。

tan60218.jpg
中に緑色のものが何本か混じっていた。ぬめりもないようで、どうやらタンポタケのようだ。この坪は両種が混じる。タンポタケは少し早いような気もするが、去年の記録を調べると出ていても不思議はない。

ga60218.jpg
この坪を調べている時に1cm程の小さな不完全型虫草を見つけた。埋まっているわけではなく地面に落ちたという感じだ。寄主は蛾の成虫のようだ。まだ未熟なので持ち帰って追培することにした。

検鏡用にオイラセクチキムシタケを探したが、相変わらず結実しているものがない。

musi60218.jpg
その内、一本の倒木で菌に冒されているらしい甲虫の幼虫をみつけた。カミキリムシのようだ。長期の追培は難しいので、目印を付けてその場に残した。

oira60218a.jpg
結局、オイラセは一体だけ持ち帰って追培することにした。

oira60218b.jpg

結実しているが、まだ完熟ではないようだ。
  1. 2006/02/20(月) 11:00:45|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

冬越し中

2006/02/11

朝から暖かい。普通は土日や祝祭日には出かけないのだが、この時季ならハイキング客も少ないだろうし、山林整備工事のほうも休みになるだろうと考えてK川に出かけた。本流沿いにキャンプ場に向かう道を行く。かなり伐採が進んでいてすっかり明るくなっている。山林の育成のためにはある程度必要なのだろうが、これだけ大規模にやられると虫草のほうは当分の間は回復しないだろう。さらに悪いことは車がかなり奥まで入れるようになってしまったことだ。きっとゴミの不法投棄が出てくるだろう。

060211g.jpg
ダム湖上流の流れ込みを遡って以前から観察を続けているガヤドリナガミツブタケを確認した。かなり干涸びた感じだが、何となく生きている感じがする。春になったらまた新芽が出てくるかもしれない。

更に進んでシュイロクチキタンポタケの倒木群を見に行った。シュイロクチキタンポタケはまだかろうじて見分けられたが、ほとんど残骸状態になっていた。

060211e.jpg
白い穂を出している不明種はやや大きくなった感じだ。

ari60211.jpg
今年初めてのアリタケ(マルミノアリタケ)を見つけた。もちろんまだまだ未熟。

060211h.jpg
帰りがけにダム湖のそばでヒメクチキタンポタケをみつけた。かなり褐色がかってきている。写真を撮った後、埋め戻しておいた。

未熟なものばかりなので何も持ち帰らなかった。帰ってから追培していたクモを調べた。

060211j.jpg

060211l.jpg
すっかりカビが全身を覆っている。

DSCN6414.jpg

E_60211.jpg

検鏡してみた。どうやら接合菌の仲間のようだが、この分野は不勉強でさっぱりわからない。
  1. 2006/02/12(日) 16:50:12|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
次のページ