Aschersonia

2005/12/29

K川へ。林道工事は当分続きそうなのでそれを避けてアブ谷に向かう。この季節になると気生の虫草も大型のものは姿を消し、数ミリ以下のものしか見られなくなる。ハガクレシロツブタケカイガラムシ生の小型トルビエラの他はAschersoniaぐらいしか見られない。

hypo_0.jpg
川原でアオキの葉裏を調べているうちに、融け残った雪の下から覗いた落葉の上に黄色っぽいものが付いているのを見つけた。まわりを調べるとその辺りの落葉にいくつも同じようなものが見つかった。どうやら虫生菌のようだ。全て広卵形の同じ種類の落葉に付いているが、樹種はわからない。虫生菌が落葉に付くのは不自然と考えて廻りを調べると折れて倒れかかっている枯木が見つかった。どうやらこの木らしい。

Hypo_1.jpg

Hypo_3.jpg

Hypo_2.jpg
持ち帰って調べてみた。Aschersoniaの仲間のようだが子嚢果のようなものがいくつも出ている。

Hypo_4.jpg
寄主はコナジラミのようだ。

Hypo_5.jpg
検鏡してみるとAschersonia aleyrodisと同じような柄胞子が見えた。

Hypo_6.jpg
側糸も確認できた。

Hypo_8.jpg
ところが何体か調べるうちに子嚢が見つかった。

Hypo_9.jpg
二次胞子らしきものも見える。(細長いものと紡錘形のもの?)

Hypo_7.jpg
他の個体からも子嚢が見つかった。中の二次胞子は紡錘形に見える。
Aschersoniaの完全世代Hypocrellaだろうか?
  1. 2005/12/30(金) 17:58:10|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4