スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Aschersonia

2005/12/29

K川へ。林道工事は当分続きそうなのでそれを避けてアブ谷に向かう。この季節になると気生の虫草も大型のものは姿を消し、数ミリ以下のものしか見られなくなる。ハガクレシロツブタケカイガラムシ生の小型トルビエラの他はAschersoniaぐらいしか見られない。

hypo_0.jpg
川原でアオキの葉裏を調べているうちに、融け残った雪の下から覗いた落葉の上に黄色っぽいものが付いているのを見つけた。まわりを調べるとその辺りの落葉にいくつも同じようなものが見つかった。どうやら虫生菌のようだ。全て広卵形の同じ種類の落葉に付いているが、樹種はわからない。虫生菌が落葉に付くのは不自然と考えて廻りを調べると折れて倒れかかっている枯木が見つかった。どうやらこの木らしい。

Hypo_1.jpg

Hypo_3.jpg

Hypo_2.jpg
持ち帰って調べてみた。Aschersoniaの仲間のようだが子嚢果のようなものがいくつも出ている。

Hypo_4.jpg
寄主はコナジラミのようだ。

Hypo_5.jpg
検鏡してみるとAschersonia aleyrodisと同じような柄胞子が見えた。

Hypo_6.jpg
側糸も確認できた。

Hypo_8.jpg
ところが何体か調べるうちに子嚢が見つかった。

Hypo_9.jpg
二次胞子らしきものも見える。(細長いものと紡錘形のもの?)

Hypo_7.jpg
他の個体からも子嚢が見つかった。中の二次胞子は紡錘形に見える。
Aschersoniaの完全世代Hypocrellaだろうか?
スポンサーサイト
  1. 2005/12/30(金) 17:58:10|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

アリノミジンツブタケ2

2005/12/16

紅葉のシーズンも過ぎてK寺も落ち着きを取り戻している。
前回はざっと見ただけだったので、少していねいに調べてみることにした。新しく出ることは期待できないシーズンだが、全く虫草が見られないわけではない。発生期間が非常に長い種類もあるからだ。長いものでは数年にわたって同じ個体が存続するものもある。

tubusemi10.jpg
例えばこのツブノセミタケは今年の1月から観察しているが、その時点でもう古くなっていた。しかし5月には新しい穂が出始め、7月には結実した。それから5ヶ月程たつが外見上はあまり変化がない。とっくに胞子を放出し尽くしているはずだがまだまだ生きているようだ。来春になったら、また新しい穂が出てくるのだろう。

itohiki12.jpg
もっと長持ちするものといえばイトヒキミジンアリタケがある。もっともこちらは毎年新しい穂を出すわけではなく、胞子を放出し終えた残骸がいつまでも腐らずに残っているだけなのだが。この写真、左は2000年の12月に撮ったものだが、同じ木を今回撮ったもの(右)と比べると5年たってもよく残っていることがわかる。

itohiki11.jpg
この虫草は一年中いくらでも見られるが、新しいものとは限らない。今年は古い個体ばかりで、新しいものがほとんど見られない。やっと一体見つけたが、この時期には胞子が見られないことが多い。

arimiji1.jpg
さらに調べてアリノミジンツブタケを見つけた。イトヒキの古い個体に重複寄生するトルビエラ型の虫草だ。今まで何度か検鏡したが、いつもステリルで胞子や子嚢を確認できていない。今回もあまり期待せずに持ち帰った。

他に出ていたのはコガネムシハナヤスリタケクチキムシツブタケオイラセクチキムシタケなどだが、オイラセの結実しているものは見つからなかった。

arimiji2.jpg

持ち帰ったアリノミジンツブタケを検鏡すると意外にも子嚢を見る事ができた。あまりいい状態ではなく、二次胞子の長さも確認できなかったが、今の時期でも子嚢をもっていることがわかっただけでもひとつの収穫だ。
  1. 2005/12/18(日) 21:20:37|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

林道整備工事

2005/12/13

相変わらず寒さが続いていて外に出るのがおっくうだ。午前中にK川に出かけるつもりが午過ぎになった。林道整備工事の看板が出ている。P山に向かう道にキャタピラの跡が残っている。重機が入ったのだろう。心配していた通り、クサナギヒメタンポタケの坪辺りがごっそり削り取られている。まさに跡形も無いという感じだ。

DSCN6298.jpg
クサナギは極稀種とされておりここは西日本でも珍しい安定坪だったのだが残念なことだ。もっとも、この場所にそんな貴重な種が生えることを知っているのは私ぐらいなものだろうから、非難の持って行きようがない。この山のどこかに生き残っていてくれることを願う他はない。

ショックのあまり虫草を探す気力が失せてしまったが、少しだけ川に降りてみた。二次寄生菌に冒されたクモ虫草の残骸が、かなりたくさん見つかった。感じの違うものをいくつか持ち帰った。

kumo51213a.jpg
1. 細い分生子柄束を幾つも出しているもの。

kumo51213b.jpg
2. 小さなツブツブのような突起に覆われているもの。

kumo51213c.jpg
3. 元はクモノエツキツブタケだったものが粉状のものに覆われているもの。

検鏡結果は次の通り。

kumo51213a2.jpg
1. 分生子柄束は樹枝状になっており、フィアライドもよく発達している。

kumo51213a1.jpg
分生子はお馴染みの紡錘形。

kumo51213b1.jpg
2. を針でほじくってみるとトルビエラクモタケのものと思われる子嚢果が出て来た。(写真左の茶色の三角形が子嚢果の先端)これも尖ったフィアライドがよく発達している。

kumo51213b2.jpg
分生子は少しはっきりしないが、同じとみていいだろう。

kumo51213c1.jpg
3. も針でほじくってみると未熟な子嚢果がいくつも見られた。全体に綿屑のような菌糸で覆われていてフィアライドはあまり発達していないが、よく探すとやはり同じようなフィアライドと分生子が見えた。

これだけ外見が違っても、同種と見ていいようだ。一応、Paecilomyces sp.

  1. 2005/12/18(日) 17:22:15|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ